負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

祭りの後の仮想通貨

2017年12月、仮想通貨が大盛り上がりしていました

私が仮想通貨に興味を持ち始めたのは2017年の12月中旬で、ちょうどリップルをはじめとするアルトコインが大盛り上がりを見せ、世間的にも仮想通貨の認知度が大きく上昇した時期でした。

当時大学生だった自分の周りの友人にも、仮想通貨投資による大きな利益を得ている人が散見され、それまで投資をするといったような経験もなければ興味もない自分にとっては非常に非現実的な心境だったと記憶しております。

その友人たちの話を聞くうちに次第に仮想通貨に興味を持ち始め、クリスマスを迎えるころには自発的に仮想通貨についての知識をネットで取り込むようになって、当然の流れというように、口座開設の手続きを終えていました。

参加者急増で仮想通貨取引所の口座開設がなかなか進まない

私は今にも高騰しそうだと思っていた銘柄に早く投資したいという思いでいっぱいでしたが、年末にかけての盛り上がりを受け自分のように口座開設に至った人間は少なくなったようで、私の口座が開かれる頃にはとっくに大学の冬休みも終了していました。

開設の遅れを受けて仮想通貨ムーブメントに乗り遅れてしまったのではないかという焦燥感を抱いていた私は、草コインと呼ばれる時価総額の少ない銘柄選定に明け暮れ、総額50万円近く投資しました。

乗り遅れた焦りからギャンブル性の高い草コインに投資

時期にして2018年の年始の、あろうことか暴落の直前に、とりわけギャンブル性の高い草コインに投資してしまったのです。そして迎えた1月16日に、ビットコインが年末に付けた安値を下回り大暴落してしまいます。

そして、それまでビットコインの急落を受けてもそこまで大きな影響のなかった銘柄でさえ大きな下落を見ることになりました。

仮想通貨の急落を受けて、損切りではなく買い増し

今になって考えて見れば、ここで損切りをしておくべきだったのですが、当時の自分はさらに信じられないことに、ここからまた上昇に転じるに違いないと信じ買い増しをしてしまい、その後もさらに下落、そのたびに買うを繰り返し、気付いた時には投資総額は100万円を超えていて、含み損も50万円近くになっていました。

初めての投資だったことや、取引自体に多少の障壁を伴うこと、例えば、海外の取引所でしか扱っていない、ビットコインと交換する際に他のマイナー通貨を経由しなければ大きく損をする場合があるなどの草コインに投じていたこともあり、完全に売るという選択肢を自分の中から排除していたのだと思います。

後の祭り・・・

その後も続いた下落を受けて一転、新たな投資としてトレードの勉強を始めて、年末の値動きを見てみると、確実に参加してはいけないそれの形をしていたことに気が付きました。祭りの終わり際に参加してしまったんだな、と気づいたころには後の祭りだったわけです。