負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXで借金を増やしてしまいました

結婚後のお小遣い制で自由に使えるお金がなくなった

私は32歳、会社員(男性)です。投資を始めようと思ったきっかけは、結婚後おこづかい制となり自由に使える資金が欲しいと思ったからです。現在、FX歴3年になります。

お恥ずかしい話、貯金というものがほとんどありませんでした。結婚するまでは稼いだお金を全て自分のために使えていましたが、おこづかい制となるとそうはいかず食事代に消えるのみとなりました。

おこづかいは食費、交通費込みでの金額なのでこのままでは飲み会も趣味も全くできなくなると思い、危機感を覚えます。しかし、貯金するにしても毎月の細々とした軍資金ではいつまで経っても貯まりません。

少ない資金でレバレッジをかけて投資できるFXをスタート

そこで効率よく少ない資金でお金を貯める方法を調べた結果、FXにたどり着きました。FXはレバレッジをかけると少ない金額でも大きい金額を動かすことができるのでそこに惹かれ、始めてみることにしました。始めた際に用意した資金は1万円。

通常は10万単位で始めることが多いのかもしれませんが、少ないこづかいの中でなんとか貯められるのはそれが精いっぱいだったのと、もし失敗しても1万円程度なら諦められると自分の中で線引きをしていました。

実際始めるときは、お金がなくて焦っていたこともあり、デモトレードはせずにいきなり本番で始めました。最初はわからない部分もあり、2〜3倍のレバレッジで取引をしていましたが、10倍、15倍とどんどん増えて行き終いには25倍の最高レバレッジで取引していました。

何度も資金を無くし、借金するように

少しずつ取引はしていましたが、勝ったら負けたり、負けては勝ったりしていて、投入した資金を何度か無くして、その度に借金をして、1万円を入れるようになり、損した分を取り返したくて、デイトレから、一晩置いてみる事にしました。

今まではデイトレードで短い時間での取引をしていましたが、長い時間で見れば大きく勝てるのではないかという思いに駆られて一晩買いで寝かせる事にしましたのですが、朝目覚めてチャートを見てみると相場は大暴落。資金がなくなっていました。

しかし、これは運が悪かったのだと思い、さらに借金してお金を入れて、もう一度買いでしばらく置く事にしました。その翌日、朝チャートを見るとまたも暴落。資金がまた無くなっていて、失意の中仕事に向かう事になりました。

安易なトレードで借金を増やしてしまった

後から知ったのですが、実は今回は夜に経済指針の発表があり、それが悪い方向に影響を受けてしまったようです。相場は経済指標の影響を大きく受けるので、まだ初心者だった私はそのことを全く知りませんでした。

始める前にテクニカル分析やファンダメンタル分析がどういうものかちゃんと調べたはずでしたが、机上と実際にやるとではやはり天と地ほどの差があることを痛感しました。

やはりこのようにリスクのある投資は事前の勉強はもちろんのこと、デモトレード等実務に即したことを行ってから始めるべきだと思います。また、最初に投資した1万円だけに留めておけばよかったので、投資をする際は引き際も重要なテクニックだと感じました。

借金については、妻に打ち明けて何とか返済しましたが、投資は余裕資金でやるものだと言われているように、お金に困っている人間が借金して投資しても、勝てないんだなとよくわかりました。