負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

仮想通貨でウハウハからどん底へ

2016年、騒がれる前の仮想通貨に目をつけました

私が仮想通貨を始めたのは2016年の夏頃です。当時私は会社員で、仕事の合間に収入を得ることができないか、色々ネットで検索していて、ノアコインというICO銘柄を見つけて、そこから仮想通貨を知ることになり、どんどんのめりこんでいきました。

ブロックチェーンというものが、世界のお金や価値、全てのモノに対して、今よりもスピーディーで公平な取引を実現させるものだと知り、インターネットが広がっていった時のようにブロックチェーンで世界が変われば、早い内に関わった人はすごいことになるかもしれないと思ったのです。

月1万円程度の仮想通貨積み立てを開始

そしてすぐ、zaifという日本の仮想通貨取引所に口座を作り、取引を始めることにしました。私が始めたころは、BTCが2~3万だったと思います。NEMは0.5円、モナは正確な金額を覚えていませんが、数円でした。

当時サラリーマンだった私は、月1万円ぐらいの少額を積み立てる感じでBTC、NEM、MONAを買い始めました。前述のノアコインは、最低購入額が少々高かった為参加していません。当時は積み立て設定でNEMとMONAは自動で積み立てすることができなかったので、手動で積み立てするために、たまにZaifのサイトを開くぐらいでした。

2017年に仮想通貨バブル到来

2017年に入ると、それまで一部の人しかやってなかった仮想通貨界隈に人が集まり始め、NEMが20円、MONAが100円越え等バブルが到来しました。みんな仮想通貨はこれからこれからという声が多くなり、2017年後半になるとBTCが200万以上になり、NEMも200円超、MONA2000円超といったバブルが到来しました。

TVでも仮想通貨が取り上げられることがしばしばあって、まだまだいけると思った私は、働き盛りの35歳で会社を退職、当時の仮想通貨資産は8千万、自分の貯金も合わせると、引退してもやってけると甘い考えで無職になりました。

仮想通貨界隈が上がり調子の2017年、ちょくちょく円に換金して引き出ししていました。いくら出しても仮想通貨の価値が上がり続けていたので、資産評価額は減らなかったので、調子に乗って凄い金額を出金していました。

2018年、仮想通貨暴落と多額の税金

2018年になるとそれまで上がり続けていた仮想通貨は下げに転じます。ここまで下がったら買いだと、今まではこの辺で反発すると思われていた節目をことごとく破り、日々値段が下がる一方で、私の仮想通貨の資産評価額も暴落しました。

ただ落ちて価値がなくなるだけでもショックなのですが、私の場合は、2017年に仮想通貨を円に替えたり、仮想通貨から仮想通貨へ交換していた為、多額の税金が発生しました。なんとか税務相談して分割で払うように交渉して通りましたが、この先払っていけるかとても不安です。

しかも現在35歳で就職活動中。まだ価値の落ちた仮想通貨持っていますが、最近は金融庁の圧力なのか海外の取引所が日本人の締め出しをするなど、先の見通しが立たない状態です。どうかみなさんも、投資をする時は税金も片隅に考えて取引してください。