負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

発注ミスで痛恨の大損失

雑誌で推奨されていた株を買ってみようと思ったのが始まりでした

私は35歳の女性で、仕事はパートタイムで店員をしています。投資は3年ほど前、国内株式投資を始めて、10数万円の資金で、雑誌で推奨されていたある銘柄を100株買いました。

ところがその銘柄はそこからどんどん下がり始め、だいぶ安くなってきたからこれ以上は下がらないだろうと安易に考えて買い増しをしたのですが、そこから更に下がり、さらに買い増しをして、というのを繰り返しました。いわゆるナンピンです。それで損失が膨らみ、不安がどんどん大きくなっていきました。

2年耐えてやっと値を戻してきました

損が大きくなりすぎてしまって、損切りできるレベルを超えてしまっていました。安くなったところで買い増していけば、平均取得単価が下げられるので、とにかく平均取得単価を下げて、プラスマイナスゼロでもいいから、損失なしで売りたいという気持ちが強くありました。

なかなか値が戻らず、売るに売れない状態で2年くらい保有し続けて、平均取得単価もだいぶ下がってきた頃です。このくらいの値段ならいいかなと思えるところまで戻してきたので、持ち株を全部売りに出そうと思いました。

普段仕事をしていたので、朝の早い段階では株価ボードを見ることはできません。なので予想を立ててこのくらいなら上がるかなと思い、その金額で全株売りに出しました。ところが、仕事から帰って口座を確認すると、驚愕の事実が発生してしまっていたのです。

売り注文と買い注文を間違えて大損しました

売りに出したはずの株がそのまま残っているだけでなく、増えていたのです。私は一瞬何が起こったのかわかりませんでした。そして数秒考えてようやく状況を理解することになりました。売り注文を出したつもりで、持ち株と同数の買い注文を出していたのです。

株価は、買い注文を入れたところまで上がった後、ずるずると下がっていて、株は倍に増えて、損失も倍に増えてしまいました。もうパニックでした。そこで私はもう疲れ果ててしまい、翌日に損失を出したまま全株を処分したのです。

注文は慎重に、画面確認を徹底していきたい

もともと失敗トレードではありましたが、2年以上も頑張って耐えて、損失を小さくして決済できるはずだったのに、このような初歩的ミスで無駄な損失を出してしまったことが非常に悔しかったです。

しかし後悔してもどうあがいてもやってしまったことは元には戻りません。私の元に残ったのが数十万円の損失、それだけでした。これまでの人生でこのような大きな損失を出したことはなかったので、ただただ呆然としてしまいました。

今後はこのようなミスを再発しないためにも、売買寺のクリックを正しく行うこと、売買する前に必ずもう一度画面を確認することを徹底して行きたいなと思いました。この失敗が次につながるようにと願うばかりです。

発注ミスはトレーダーなら誰もが経験している

売り買いを間違えるとか、銘柄を間違えるとか、注文価格を間違える、数量を間違える・・発注ミスはトレーダーなら誰もが経験する「あるある」です。間違いにすぐに気づけばそれほどひどいことにならない場合が多いですが、間違いに気づくのが遅れてしまったり、大きく動いている時に慌てて間違った注文を出してしまったりすると、とんでもない損失を出してしまうこともあります。

逆に、「買えば下がるし、売れば上がる」が頻発するのが相場ですから、間違った注文で儲かってしまうことも意外と少なくありません。

もちろん、発注ミスが起こらないように慎重に注文すべきですが、間違ったからといって「ヤケ」を起こすと最悪の結果に繋がりますから、発注ミスをしてしまった時は冷静に最善策を考えるようにしたいものです。