負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXトレードに必須!MT4の無料で超優秀なインジケーター

FXトレードとMT4について

FXトレーダーで、「勝っている人」の共通点は、チャート好きである、ということですよね。私もそうですが、チャートにいろんなテクニカル指標を出して、こうなったらこうで、ああなったらこうで、みたいなことを考えるのが楽しくてたまらないんです。

チャートはトレードの基本です。スマホで時々価格チェックをするだけだとか、自動売買に任せっきりとか、適当にトレードしていたら、現状何となく勝てていたとしても、いずれ、想定外のことが起きたら対応できずに大損をしてしまうことになってしまうので、トレーダーなら一度は必ず、チャートと真剣に向き合う必要があると私は思います。

そして、チャートと真剣に向き合うなら、世界中のトレーダーがこれが一番いいと言って使っているスタンダートトレードツールである「MT4」を利用してほしいと思います。MT4は、すべてのFX業者が採用しているわけじゃないですが、MetaQuotes社の[metatrader4.com]サイトや、MT4を使っているFX業者のサイトで無料でダウンロードできて、デモアカウントを申請すれば、制限なしですべての機能を利用できますので、チャートはMT4で見て、取引は利用しているFX業者でする、という使い方もできます。

そして、MT4の利用を始めたら、チャートにどういう指標を出して、それをトレードにどう活かすか、いろいろ試してみて、自分に合った設定を見つけることが大事です。

基本中の基本である移動平均線や、ボリンジャーバンドなどのインジケーターの説明は省きますが、私がこれまでいろいろなMT4インジケーターを試してきて、すごく使えると思ったインジケーターを紹介したいと思います。

平均足インジケーター

平均足は、トレンドの方向性と継続性がよく分かる、世界中で利用されている人気の高いテクニカル指標で、平均足を使ったトレード手法は数多く開発されています。

普通のロウソク足(上)は、陽線と陰線が入り組んで出るので、トレンドの方向も、トレンドが継続しているかどうかも、判断するのが難しく、陽線が出たから上昇トレンド、陰線が出たから下降トレンドとは言い切れません。

平均足(下)は、比べてみるとよくわかるように、上昇トレンド中は陽線が並び、下降トレンド中は陰線が並んで表示されるので、トレンドの方向と、継続性がひと目でわかるのが特徴です。

誰が見ても、通常のロウソク足よりも平均足の方がトレードがしやすそうだな、と感じると思います。明らかに使いやすいチャートなら、使った方がいいですよね。

サポート&レジスタンス、水平ラインインジケーター

FXトレードの基本のサポレジ水平ライン。過去の高値・安値は、トレーダーが常に意識していて、その近辺に注文が集中しています。そのため、下落中の相場が、直近安値でサポートされて反転することはよくあるし、上昇中の相場が、過去の高値で頭打ちになって反転することも多くなります。

また、サポートラインやレジスタンスラインをブレイクすると損切り注文が集中しているために、勢いがついて動きが激しくなることが多いので、サポレジ水平ラインは注目しておく必要があるのですが、自動で水平線を引いてくれるインジケーターで、「これだ!」と思うものは意外と見つかりません。

そんな中で、過去の高値・安値をブレイクするまでラインを延長してくれる HT_HI-LO_Line は、ラインブレイク時にサウンドで知らせてくれる機能などもあって、無料インジケーターの中ではとても使いやすいインジケーターです。

アジア時間、欧州時間、NY時間を色分けして表示するインジケーター

FXは24時間動き続けているマーケットですが、どこのマーケットが開いている時間帯かによって、動き方が大きく変わります。ですから、チャートを見ている時に、今がアジア時間なのか、ヨーロッパ時間なのか、ニューヨーク時間なのか、把握しているかどうかで、トレードの仕方も変わってきます。

また、アジアからヨーロッパに変わるとき、ヨーロッパからニューヨークに変わるときに、荒れた動きになることもあります、ですから、そろそろヨーロッパ勢が入ってくるな、とか、そろそろニューヨーク勢が参入してくるな、といった意識を持って、ここで流れが変わるかもしれない、ここから大きく動き出すかもしれない、などと、準備をすることができます。

こちらは、SessionEXというインジケーターで、アジア、欧州、NY、主要3市場の時間帯を色分けし、四角で囲ってそれぞれのマーケットの動きを把握するのに役立ちます。ちなみに、緑がアジア、紫が欧州、青がニューヨークです。

それぞれの時間帯ごとに、また、重なっている部分で、動きに変化が出ているのがわかると思います。他にもいろいろ機能があり、表示させておくととても便利なインジケーターです。

チャネルラインインジケーター

チャートにラインを引いてトレードの指標にするライントレードには、高値安値に引く水平ライン、上昇中のチャートの安値と安値、または下落中のチャートの高値と高値を結んだトレンドライン、その他、フィボナッチライン、ウォルフラインなど、さまざまな種類や方法がありますが、その中でも、とても使いやすいのがチャネルラインです。

トレンドラインやチャネルラインは、引き方次第で全然違ってしまうので、ラインを引きなれていない人は、常に同じ条件で自動でラインを引き続けてくれるインジケータを使うのがいいと思っています。

値動きは、上昇するにしても、下降するにしても、一直線に下がるわけではなくて、上下上下しながら上がったり下がったりするものなんですが、そうした動きの幅を示す、角度のある平行線がチャネルラインです。

この画像で使われているのは、「LSMA_Channelv2」という無料インジケーターで、自動でチャネルラインを描いてくれます。チャネルの最上ラインや最下ラインにぶつかると、そろそろ調整が入るかも、とか、下げても下のラインまで届かずに再度上昇しているから、上昇の勢いが強そうだなとか、とてもわかりやすい指標になります。

短期足から長期足まで全時間軸のトレンド方向を把握できるインジケーター

すべての時間軸のチャートのトレンド方向を把握してトレードする「マルチタイムフレーム分析」は、短期トレードをするとしても、中長期トレードをするとしても必要で、上位時間軸の動きは常に意識しておかなければならないわけですが、かと言って、チャートを常に何枚も表示させていたら逆にトレードがしにくくなってしまうこともあります。

この、マルチタイムフレーム分析をするための方法はいろいろあるんですが、もっともシンプルに全ての時間足のトレンド方向を確認できる「GG-Trandbar」というインジケーターがとても便利です。

メインに使っている時間足のチャートにこのインジケーターを表示させると、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足のトレンド方向が、上昇トレンドは緑、下降トレンドは赤、レンジは黄色で各時間足のトレンド方向を教えてくれます。

GG-Trandbarは、ADXとパラボリックSARに基づいてトレンド判断がされているんですが、ある意味、自分の目でトレンド判断をするとブレることもあるので、このようなインジケーターの判断を基準にした方が常に同じ条件で相場環境認識ができると言えるかもしれません。

知る人ぞ知るウォルフ波動を自動で探してラインを引いてくれるインジケーター

ウォルフ波動は、作用反作用の法則に基づいた原理で、一方向に偏った動きは、反対にも同じだけ動いてバランスが保たれるというもので、海外では有名なチャートパターンです。

私もこのウォルフ波動というのは知らなかったんですが、日本のトレーダーの間で絶大な人気を誇るあきチャンが、ブログ「FX勝ち組トレーダーがなかなか教えない必勝法伝授!!」やYouTubeチャンネル「FX研究室あきチャン准教授の」の動画の中でウォルフ波動について詳しく解説していたのでその存在を知りました。

ただ、正直言ってちょっと難しいですし、見逃してしまうし、間違って変なところにラインを引いてしまったりして、上手く使いこなせなかったんですが、海外で人気のチャートパターンなだけあって、自動で見つけてくれてラインを引いてくれる無料のインジケーターがいくつかあります。私は「0_WolfeWave_04m」のインジケーターをずっと使っています。