負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

株だけやってりゃよかったのに、日経225先物で大損

表向きはエンジニア、実際は株式の専業トレーダー

私は40歳の男性。つい最近、結婚したばかりです。仕事はフリーのエンジニア、というのが表向きの職業で、実際は株式の専業トレーダーです。世間体を気にするので専業トレーダーとはあまり言いたくないのです。

株は2004年から友人の勧めで始めました。元手は300万円。元パチプロからの友人の誘い、「デイトレって儲かるらしいよ!」ってな感じです。あの当時はそんな人が多かったのではないでしょうか。

元パチプロという人種は株も含めギャンブルで勝つための期待値思考をもっている

確かにやってみると儲かりそう、いや儲かるんじゃないか?もともとパチプロという人種は、株も含むあらゆるギャンブルで勝つための期待値思考を持っているし、凝り性の人間が多いのでね。

私も最初の一月だけは微マイナスで終わりましたが、翌月からはじょじょに利益を出せるようになり、半年後にはもうパチンコ、スロットは完全にやめ、株一本で十分生計を立てれるようになりました。

一日中、チャートと睨めっこして、このパターンは上がるんじゃないか?こうすれば儲かるんじゃないか?と、株のことばかり考えていました。あのときの情熱を今に少し分けて欲しいです(笑

株を始めて1年ほぼ負け知らずで資産はみるみる増えていった

株を始めて1年はほぼ負け知らずでした。デイトレメインでしたが、日ベースの勝率は9割を超え資産はみるみるうちに増えていきました。

そして皆さんご存知のライブドアショックの到来。私はライブドア株を持っていたので、それだけで1千万の損を出しましたが、ライブドアショックの乱高下でその倍の利益を出すことができました。そこで私は自分を無敵だと思いました。その思い込みがのちに災いを招くことになります。

ちょうどライブドアショックが終わったころ、私の資産は1億を超えていて、まさに有頂天、このまま増やすところまで増やしてやろう!次の目標は10億だ、と鼻息を荒くしていました。

ライブドアショック後に稼ぎが減って日経225先物に手を出した

ところが、ライブドアショックから新興市場の流動性がどんどんなくなっていき、思うようなパフォーマンスがあげられなくなりました。それでも月数百万円は稼いでいたので十分なはずなんですけどね。欲の塊でしたから。

なので流動性の高い日経225先物に手を出したのです。株の先物もたいして変わらんだろ?と軽い気持ちで始めたのが地獄の始まりでした。

先物市場の機関投資家にカモられて3000万円の大損失

人によって違うかもしれませんが、私にとって先物の動きは難解でした。そもそも株式より参加者のレベルが高いです。新興市場は個人投資家中心なのに対して、先物にはプロの機関投資家がいます。

私なんて絶好のカモだったのでしょう。それでも熱くなってズルズル損失を増やし、気づいたときには3千万円以上の損失を出していました。

レバレッジがかけられるデリバティブ商品にはお気をつけください・・

そこで断念して、株一本でやろうと固く決意しました。金額が大きいので、手痛い授業料でした。皆さんもレバレッジがかけられるデリバティブ商品には注意して、くれぐれも熱くならないでください。