負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

東日本大震災後の急激な円高でそれまで積み上げてきた利益を一瞬で失った

過去最高の円高が日々ニュースに取り上げられていた2010年にFXをスタート

東京都内の製造業で会社員をしております、28歳の男性です。私が投資をして大きな失敗をしたのは、FXです。2010年の私がまだ大学生のころ、FXでの投資を始めました。

当時はリーマンショックの衝撃がようやく収まり始めたものの、かつてない円高で輸出メインの企業を中心に非常に厳しい経済状況でした。過去最高の円高が日々ニュースに取り上げられる中で、いつかは円高が収まり、円安に反転するだろうと思い、FXをスタートしました。

10万円を元手に最大限のレバレッジを効かせて米ドル円を全力買い

アルバイトで貯めた約10万円を元手に、レバレッジを最大限に効かせて、アメリカドルを買い込みました。当時は経済の何たるかや、FXのレバレッジの影響力を全くといっていいほど理解しておらず、ゲームの延長戦上でただひたすら自分自身の勘を信じてFXに取り組んでいました。

すると、自分の予想が面白いようにあたり、為替が円安に反転し始めたのです。数円でも円安に動いたら再びドルを売却して円を買い戻し、大きな利益を上げることができました。今になって思えば、まさにビギナーズラックです。

その後もしばらくの間、円高になってはドルを買い込み、円安になっては円を買い戻すことを繰り返し、半年もしないうちに利益が100万円を超えました。当時は自分は投資の天才であり、今後も稼ぎ続けられるだろうと感じていました。

東日本大震災後の急激な円高でそれまでの利益が一瞬で吹き飛んだ

そしてFXを続けていた2011年3月、不幸にも東日本大震災が発生しました。東京に住んでいた私には、生死にかかわるほどの影響はありませんでしたが、地震の影響で為替が大きく振れだしたのです。

一般的には大きなリスクが発生した際は円安に振れることが多いですが、この地震の場合は保険金の支払いなどのために機関投資家が円を買い戻し、円高に急にふれてしまったのです。円安になると見込んでドルを大量に保有していた私ですが、見込みとは逆に円高が急速に進んでしまったことで、ロスカットを余儀なくされました。

それまで積み上げた100万円以上の利益が一瞬にして吹き飛び、ほぼ0円となってしまいました。レバレッジを最大限に効かせていたため、ロスカット時のダメージも相当なものでした。

為替の売買で長期的に儲かることは本質的にできないという結論に至る

大きな失敗をしてしまった私は、一旦FXを休むこととし、投資を中心とした経済を本格的に勉強し始めました。なぜ失敗をしてしまったのか、世界でどのようなことが起こると経済にどのような影響が起きるのか、様々な角度から勉強をしました。

勉強を続け、投資とは何かを考え続けた結果、為替はあくまでもゼロサムゲームで、為替の売買で長期的に儲かることは本質的にできないという結論に至りました。

あくまでリスクヘッジの手段であり、長期的な資産形成には向かないという結論に至ってからは、FX投資を完全に卒業し、プラスサムゲームである株式投資に移行しました。

波乱万丈があったこれまでの投資生活でしたが、若いうちに失敗を経験し、本格的な勉強をスタートするきっかけになったことが、何よりの収穫だったと感じています。そして現在は、長期的な資産形成を目標に、着々と株式投資を続けております。