負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXで負けない人と勝てない人

FXで勝てない人の共通点ー少額資金でトレードする

FXは投資ですから、利益を出さなければやる意味がありません。ところが、勝てているFXトレーダーは1割もいないというのが現実です。FXで扱っている通貨ペアは、どんなものでも「上がる」か「下がる」かしかないですから、5割の人が負けているというならわかりますが、9割のトレーダーが負けてしまうってとても不思議ですよね。

つまり、負けているトレーダーには「負けてしまう理由がある」ということです。ですから、負けている9割のトレーダーの共通点を見つけて、それをしなければ、負けにくくなるということです。

このサイトでは、FXやその他の投資体験談を広く募集し掲載しているので、FXで負けてしまった人がどういうやり方をしていたのか見ることができますが、一番わかりやすい負けトレーダーの共通点は、10万円以下の少額資金でトレードしているということです。

少額でFXをするのは、初心者だから?リスクがあるから?損失を限定したいから?

お金がないから少額でしかやれない、という人も多いですが、そもそも投資は、余裕資金でするものなので、お金がない人は本来、投資をする余裕はまだない人たちですよね。

お金に余裕がないのに、有り金をはたき、レバレッジを最大限に効かせてドルを買ったとして、そのまままっすぐドル高になれば儲かるけど、上昇トレンド中に調整的にちょっと下げただけで投資したお金はゼロになってしまうようなやり方では、勝てるものも勝てないし、そういうやり方は投資じゃありませんよね。100%ギャンブルです。

つまり、少額資金でFXしている人は全員、投資ではなくギャンブルをしているから、1回2回勝ったとしても、いずれは負けて、資金の多くを失うことになってしまう、ということです。

少額資金でFXしている人の中には、初心者だから少額から始めたとか、FXはリスクが高いから資金は少額でやった方がいいとか、損失を限定したいから少額でやっていると言っている人がとても多いんですが、投資は資金が多ければ多いほど負けづらくなりますから、少額でやった方が安全であるかのような考えは間違いです。

FXの口座開設を誘導するFX業者やブログ、ランキングサイトの影響

世間一般的にFXは、少額で気軽に始められて、スマホ1台あればいつでもどこでも取引できる、というのが「ウリ」になっている印象があります。

1万円にも満たないお小遣い程度の金額で、スマホ1台で空いた時間に取引できてしまうという部分を強調してプロモーションするということは、ちょっとパチンコをするみたいな、スマホゲームの延長のような、損したところで別にいいやと思ってくれそうな、暇つぶし感覚でどんどんお金を落としてくれる顧客を開拓しているということです。

そんな感覚の人たちが、何冊かFXの本を読んだとしても、ネット上に溢れている、勝てる手法とか、儲かるツールとして売られているものを使ったところで、ギャンブルはギャンブルですから、ほとんどの場合、つまり9割以上の人は、利益を積み重ねていくことはできないんですね。

実際に少額資金から億万長者になったカリスマトレーダーの存在

とはいっても、ほんの数万円程度の少額資金から、短期間で億万長者になってしまった天才トレーダーも実在しますし、私はそういう人に何度か会ったことがあります。そういう人のトレードを生で見せてもらったこともありますし、直接教えを受けたこともあるので、少額資金でやっても100%勝てない、とは言いません。

ただ、そういったやり方で勝てるのは、天才的に勘がするどい、なんらかの超能力を持った特別な人だけで、特別な能力がない凡人には、ギャンブル的なトレードに勝ち続けることはできないと私は思います。

ネット上で評判のいい天才トレーダーの方が何人かいますので、そういう人たちの手法をいくつか本気で勉強してみて、勝てるようになるかどうか試して、それで安定的に勝てるようになった場合は、少ない資金でガンガン稼ぐことができる天才だということなので、小ロットナンピンFXなどやる必要もありません。

単なる強運で稼げてしまうこともある

少ない資金で、ハイレバレッジのデイトレやスキャルピングをするようなやり方で、毎日数万の利益を上げている人もいるにはいますが、それで本当勝ち続けていれば、資金が増えて、少額トレードではなくなるわけですが、そこで、ハイレバレッジトレードをし続ける人と、レバレッジを下げてトレードする人に分かれます。

10万円以下でトレードを始めた人は、たいてい、100万円になる前に資金を失ってしまうものなんですが、ごくごく稀に一気に100万越えできてしまう人もいます。本当に天才トレーダーなのかもしれないですが、ただ単に相場がよかっただけ、運が良かっただけかもしれません。

ここまで勝てたから、今後も勝ち続けられると思い込んで、せっかく投資ができる資金を手に入れたのに、ハイレバレッジのギャンブルをし続けて、増やした資金をすべて失って、振り出しに戻ってしまう・・そういう人も少なくありません。

FXで4億超えまで増やした資産をFXですべて失ってしまった人の話

知り合いで、ハイレバレッジでスキャルピングメインでトレードしていて、トレードが本当に上手くて勝率も高く、どんどん資金を増やし、4億円超えまでいった人を知っています。

私はそんな風に勝てないので、資金は地味にしか増えていきませんから、正直、心の底から羨ましかったです。ところがその人は、4億円もの資金があるのに、ハイレバレッジでやり続けていたので、全力買いしていた通貨が想定外の暴落をしたタイミングに、4億全て失ってしまったんです。

信じられますか?4億円もあるなら、分散投資をするなりして、失敗したとしても1億円くらいの損失で済む程度でトレードすればいいのに、と思いませんか?普通の思考で考えたらあり得ないことだけど、ずっとそうやって勝ってきた人からすれば、ハイレバレッジが自分を金持ちにしたツールなので、トレードになくてはならないものと考えてしまったんですね。

FXで絶対負けたくないのなら、ギャンブル要素を排除してトレードすればいい

多くのFXトレーダーが負けてしまう理由は、FXを投資ではなく、ギャンブルとしてやっているからなので、ギャンブル性を排除すればFXはぐっと負けづらくなります。

FXの負けは、損切りとロスカットの2つしかないですから、どちらにもならなければ負けないということになります。

予想が外れたら損切りしなければならないトレードの仕方や、逆に動いたらロスカットになってしまうレバレッジのかけ方はやめて、短期間で資金を倍にしようみたいな欲を出さないで、十分な余裕資金を用意して、レバレッジは抑えて、年利20~30%くらいを狙うなら、途中でよくない時期があったりもするけれど、数年単位の長い目で見れば投資として十分な成果を上げることができます。

途中で、含み損を抱えた時の苦しさに耐える必要はありますが、お金を稼ぐのに、何の苦難もなく簡単に稼げるなんてことはなくて、労働みたいに身体が疲れるわけじゃないけど、苦難の時期は心をすり減らして耐えることでお金を手に入れる、ということですね。