負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXの専業トレーダーになるために必要なこと

専業トレーダー生活を目指す人はたくさんいますが・・・

FXをやっていて、稼げるようになったら会社勤めは辞めて、専業トレーダーになりたいと思っている人は多いと思います。

憧れの専業トレーダーのイメージは、年収1000万円くらいあって、モニターをズラッと並べてチャートを眺め、チャンスのタイミングにカチカチと何度かトレードして大金を稼いだら、あとは自由に過ごしていい、みたいな感じでしょうか。

会社勤めをしていると、自由な時間が少ないし、いつでもチャートをチェックできるわけでもないし、なかなか稼げないと悩んでいる人が多いですが、じゃあ、会社を辞めて時間が自由になれば、それだけでガンガン稼げるようになるのかといったら、確信は持てませんよね。

会社勤めをしながらトレードしている兼業トレーダーの方でも、結構大きく勝てている人もいますが、それがずっと続く確信が持てるというところまではなかなかいかないものですし、会社を辞めてしまった後で、やっぱり全然稼げなかったでは、取り返しがつきません。

ですから、専業トレーダーを目指していはいるけど、どういう条件をクリアしたら会社を辞めていいのかタイミングがわからないと言う人が多いようです。

FXでそこそこ稼げても、FX専業トレーダーになる勇気は持てないのが普通

専業になった途端に勝てなくなって、また就職先を探す羽目になったという話もよく耳にしますし、1年くらいFXで給料以上の収入を出せたからといって、それですぐ会社を辞めていいのかというと、それはやはり微妙でしょう。

中高年の方だと、長く働いていた会社を辞めてしまうと、再就職が難しかったり、正社員の仕事が見つからず、条件のよくないアルバイトのような仕事をしなければならなくなったりするので、安易に仕事を辞めるわけにいかないのが現実です。

私のFX仲間の間でも、専業になれている人は少なくて、専業になりたいなりたいと言いながら、ずるずる会社勤めを続けて、どうやらこのまま定年を迎えそうだと言っていたりします。

FXで給料の2倍稼げるようになったら仕事を辞めると言っていた人がいましたが、もともとの給料が安くないし、安くない給料をもらっている仕事はそれなりに忙しいし、FXをやる時間が根本的に少なくて、たまたま時間がある時にちょっとチャートを見たからといって、タイミングよくトレードできるわけでもないし、給料の2倍をFXで稼げるようになる日はちっとも来ていないみたいです。

つまり、FXでいくら稼げたら専業トレーダになれるのか、という考え方では永遠に専業トレーダーになれないんです。

専業トレーダーになるために必要なのは、FXでいくら稼げたかじゃない

FXは、たまたま今年儲かったからといって、来年も再来年も稼げるという保証はありません。それで、どうすれば、会社を辞めて、お給料を捨てて、FX専業トレーダーになれるのかと言えば、会社のお給料に代わる収入源を確保することです。

FXの収入だけで生活していこうということになると、生活資金の他に、貯蓄もしなければならないし、突発的な出費も賄わなければならないということになって、何かある度に投資資金が減ってしまって、思うようなトレードができなくなったりしてしまいます。

トレードが上手くいっていないときに限って、お金が必要になるようなことが起きたりするものだし、収入源がFXしかないとしたら、どんどん追い詰められてしまうだろうと容易に想像できますよね。

FXは、今日1万円稼げないと暮らせない、みたいな余裕のない状態でやってはいけないんです。お金がない人が、お金が欲しいからFXするという考え方は投資ではなくギャンブルです。ギリギリの状態でトレードして、勝ったり負けたりしていたら、負けがどんどん大きくなって、いずれ破綻してしまいます。

収入源を3つ持っていれば、1つがダメになっても、2つ目で生活できるし、3つ目でダメになってしまった1つ目の収入源を復活させたり、別の収入源を作り出すことができる、と人に聞いたことがありますが、FXはどんなに上手なトレーダーでも安定した収入源とは言えないので、できればあと2つ収入源があれば、安心して専業でFXに取り組めます。

会社勤めのように時間に縛られて得る収入とは違う収入源を考える

では、どういう収入源を確保すればいいんでしょうか。収入源はいろいろな考え方がありますが、例えば、不動産を買って家賃収入を得るとかでもいいでしょうし、ネットでできるビジネスを立ち上げてもいいでしょうし、自分が持っている知識やノウハウを販売することでだって収入を得ることはできるので、自分にできる収入を得る方法を真剣に考えてみることです。

ただし、時間に縛られてしまうような方法だと、会社勤めと同じになってしまうので、時間に縛られずに安定的に継続的に収入が入る状態になることを考える必要があります。

働かなくてもお給料同様に安定的に継続的にお金が入る状態になっているんなら、FXなんかやる必要がないと思う人がいるかもしれません。でも、収入を得て使うだけではお金は増えませんから、収入を得たら、一部は投資に回して増やすということをした方がいいですよね。

FXは、FX業者の顧客獲得競争の影響で、資金がなくてもできるという宣伝の仕方がされているので、お金がない人がお金を稼ぐ手段のように認識している人が多くなってしまっていますが、そもそも投資は、余裕資金を持っている、投資に回すことができる種銭を常に持っている人がやるべきものです。

ものすごく稼げている著名専業トレーダーの方々が、自分がやっている勝てている手法を商材にして販売したりするのも、FX以外の収入があった方がいいからで、ものすごく稼げている専業トレーダーでさえ、FX以外の収入を確保しようと頑張っているんです。

ですから、だいぶ稼げるようになってきて、これから専業になろうと思っているトレーダーの方たちも当然、FX以外の収入源を確保した方がいいということです。

FXを始めた時点ですぐ専業トレーダーに慣れる人

逆に、もともとがニートみたいな、もともとが引きこもりみたいな人は、FXを始めた瞬間から専業トレーダーになれるんですね。ある意味とても生ぬるい環境ではあるんですが、それもつまり、親の扶養という安定的継続的な収入源を持っているからできることです。

私も引きこもり系ですが、引きこもりの人は部屋に閉じこもって、ずっとPCの前に座ってチャートをじっと眺めている能力が高いので、社交的で常識的で会社勤めで上手くいっている人よりも、トレーダーに向いているんじゃないでしょうか。というか、そういう人にとっては、これこそが「生きる道」と感じるぐらいの天職ですよね。

ずっとダメ人間呼ばわりされてきていたりして、挫折感も嫌というほど味わってきているので、何が何でもこれで稼ぎたいという思いも強いし、人より集中力があったり、拘りが強かったり、トレーダーに向いている要素が多いし、何と言っても、時間がたくさんあるのが強みです。

ただ、残念なことに、そういう人は、自分で自由にできるお金をあんまり持っていなかったりして、やはり問題はありますよね。私としては、もし頼れるなら、親に資金を出してもらうのも、ありなんじゃないかなと思います。

高校や大学や専門学校や、いろいろな習い事や、一般的に親が子供の人生を良くするために教育にかける費用はものすごく大きいわけですが、会社勤めなどには不向きな子供がいるのなら、トレーダーとして成功させるためにお金をかけるという考え方も全然悪くないと思うんです。

勝てている人が意外と多い主婦専業トレーダー

それから、外で働くのが難しい、子育て中の主婦の方も、FXを始めればすぐ専業トレーダー状態にはなれますよね。収入源は旦那さんのお給料が安定的に継続的に入るからできる、ということになります。

子育て中の主婦の方はやることがたくさんあって忙しいでしょうから、一日中デスクに座ってトレードしているようなイメージとは全然違うけど、家事育児しながらでも、常に値動きを見ることはできるし、トレードしたい時にトレードすることは可能なんじゃないかと思います。

女性は男性と比べて、ギャンブル的なトレードはしないで、堅実なトレードをする人が多いので、数千万とか億とか極端な勝ち方はしていなくても、数十万円単位とか、100万円単位くらいで地味に勝てている人が多いんです。

子育てという中途半端にできない重大な責任を伴う役割を中心になってやっているので、やけっぱちみたいな適当なトレードをしないというか、最後まで投げ出さないで、資金を守る意思の強さが女性トレーダー、特に母トレーダーにはある気がします。