負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXセミナーやネットで提供されているFX情報でトレードの参考にしているもの

初心者の時に受けたFX会社主催の無料セミナーで学んだこと

私がFXを始めたばかりの頃、2007年当時FXは、外貨を買えば誰でも儲かると言われるぐらい景気が良くて、ブームになっていましたから、セミナーに行けば、普通の主婦の方が何百万円も儲かっているといった話が飛び交っていて、セミナーに参加している方もみんな羽振りのいい感じで、普通の主婦の方が、当然のようにドル円を10万ドル単位で売り買いしていました。

ドル円10万ドルというのは、当時1ドル120円くらいでしたから、約1200万円分のドルを普通の主婦の方が簡単に売り買いしていたということです。私はそういう雰囲気に激しく違和感を感じたんですが、それが当たり前の感覚になるほど儲かるのかとドキドキもしました。

そんな時、セミナーに登場したあるアナリストの先生が、レバレッジについて警告したんです。レバレッジをかけすぎている人が多いけれど、大切なお金を失いたくないならレバレッジは5倍を超えてはいけないと、すごく強い口調で何度もおっしゃいました。

セミナーでそのお話を聞いた直後くらいに、サブプライムショックが起こり、そこから100年に1度の危機と言われたリーマンショックの大暴落が起こるんですが、私がそこで資金を失うことなく耐え抜くことができたのは、その時に言われた言葉を守って、レバレッジを低く抑えていたからです。

トラリピでおなじみのマネースクエアのセミナーとHP

私がFX会社主催のセミナーで一番多く参加したのは、マネースクエアのセミナーで、今の私の「小ロットナンピンFX」の考え方も、マネースクエアのセミナーで学んだことが土台になっています。

マネースクエアが提供しているトラリピも、相場がどう動くか予測することはできないから、どこまで下がるかどこまで上がるか面で考えて、その間のどこをどう動いても利益を出せるようにしようというもので、とても合理的です。

セミナーでは、トラリピの利用の仕方だけでなく、FXの基礎的なことから、トレードの考え方、トレードする際の判断の仕方、ポジションの取り方、ファンダメンタルズの基礎知識、リスクマネジメントについてなど、とてもしっかりした内容で、やはり他社のように取引コスト競争に参入しないで、ちゃんと手数料を取って運営しているFX会社なので、提供している情報もサービスも他とは違うと感じます。

また、マネースクエアが提供している、「FX投資判断インディケーター」では、相場の行き過ぎを見つけるためのデータがいつでも見られるようになっていて、どの通貨ペアを買うのか売るのかの判断材料になります。

短期の割高・割安を判断するための90日移動平均線及び乖離率、中長期の割高・割安を判断するための5年移動平均線及び乖離率、ヘッジファンドの売買転換点を確認するための120日移動線平均線及び乖離率、中期トレンドを確認する52週移動平均線及び乖離率、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するためのCFTCポジション、物価に基づいて計算した為替の適正水準(株価でいうところのPER)を示す購買力平価が見れるようになっています。

「FX投資判断インディケーター」は、マネースクエアに口座を持っていない方でも見れますので、トレードの参考にしてみてはいかがでしょうか。

三菱UFJモルガンスタンレー証券のエリオット波動マーケット分析レポート

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ・テクニカルアナリスト宮田直彦さんのエリオット波動分析のデイリーレポートとマンスリーレポートは、かなり前から参考にさせていただいています。

エリオット波動分析に基づいた、コモディティ(原油、金)、米国株、日米長期金利、為替(ドル円、ユーロドル、ユーロ円)、日経平均等の中長期見通し、トレンドの方向性や転換点を具体的な数字をあげて解説しているレポートです。

かなりしっかりした断言調のレポートなので、レポートの通りトレードすれば負けるわけがないと思えるんですが、相場の動きが予測と矛盾すれば掌を返して真逆の内容に変わることもあるので、どんなに優秀なアナリストのレポートであっても、100%はないというスタンスで、逆に行ってしまった時も対処できるようにポジションを取ることが大事です。

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート

為替はドル円、ユーロドル、ユーロ円、株・再建、米国債利回り、商品は原油と金、の前日価格と、前日経済指標、要人発言・ニュース、当日予定されている経済指標やイベント内容と時間と、市場レポートが記載された、毎朝のニューヨーク金融市場情報チェックに便利な平日日刊で発行しているメルマガです。

メルマガID 0000190900

あきチャンの「FX勝ち組トレーダーがなかなか教えない必勝法伝授!!」

FXトレーダーの間では超有名なあきチャンのブログ&YouTubeチャンネル「FX研究室あきチャン准教授の」では、FXトレードテクニックをさまざまな角度から膨大な数の動画で教えてくれています。

ネット上では高額なFX商材が溢れていますが、そういったものをいろいろ試して、それでも勝てるようにならなかった人が、こんな濃くてためになる動画がただで見れるのかと驚く内容です。

私もあきチャンを知った時は毎日のように動画を見て勉強させていただきました。基本的にラインを引いてトレードするスタイルで、チャネルライン、エリオット波動、ウォルフ波動、フィボナッチ、N理論・・その他本当にいろいろな考え方や勝ち方を伝授してくれていて、アキちゃん自身のリアルトレード動画も数多く見れるんですが、本当にトレードが上手で、憧れずにはいられません。

あきチャンと同じようにトレードして勝てれば、簡単にお金持ちになれるんでしょうが、私は残念ながらあきチャンのようにはなれず、小ロットナンピンでトレードすることに落ち着きましたが、アキちゃんの動画で教えてもらったことは今もトレードに活かせていると思います。

実際に足を運んでセミナーに参加することで、リアルのFX仲間ができる

FXに限らずトレーダーというのは、ひとりで世界中のトレーダーに挑んで、そこから利益を勝ち取るわけですから、気持ちが弱いとやられてしまいます。

心を強く持ち続けるにはやはり、知識や根拠や、しっかりしたルールの他に、トレードのことを語り合える仲間を作ることが大事だと私は思います。

私はいろいろなFXセミナーにかなり頻繁に参加していた時期があって、そこで多くのFX仲間を作ることができたので、それがとてもプラスになったと思っています。ひとりでやっていると不安がどんどん膨らんで、せっかく我慢して積み重ねてきたポジションを利益が出る前に決済してしまったり、失敗を話せる人もいなくて、トレーダーとして向いていないと思い込んでしまったり、ネガティブに走り勝ちです。

仲間がいれば、上手くいった話もできるし、失敗した話もできるし、誰もが失敗しているんだとわかれば、無駄に落ち込まずに、失敗することも踏まえてトレードができるようになります。

ネット上でもFX仲間はいくらでも作れるんですが、ネットだけの関係だと、嘘も多いし、上手くいったときだけ自慢して、失敗した時は何も言わないみたいな人が多くなるので、逆に落ち込むことにもなりかねないので、できれば顔を合わせてリアルに合えるFX仲間を作ることをお勧めしたいと思います。