負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXの最重要課題「損切りできない」悩みを解決する

FXで勝てていない人は、損切りが上手くできないから勝てないと思っている

FXで勝てていない人に、なぜ勝てないと思うかを質問すると、多くの人が「損切りが上手くできない」と答えます。FXで勝つために一番大事なことは、ルール通りに損切りすることであると教えている教材や塾がたくさんあるので、適切な損切りこそがFXで勝つための必須条件であると思い込んでいる人が多いんです。

でも、なぜ、損を確定させる「損切り」をしなければ勝てないなんていう理屈になるんでしょうか。損切りしなければならない理由は、損切りしないと損が膨らんで取り返しがつかないことになるから、と説明されています。

損切りは本能的にしたくないので、損切りしなければならなくても、そろそろ反転するんじゃないかと思ってなかなか損切りできなくて、そうしているうちにズルズル含み損が膨らんで、耐えきれないところまで行ってしまって、最悪のタイミングで損切りする羽目になり、損切りしたところで反転して一気に値を戻す・・みたいなことがよくあるわけです。

ですから、損切りルールをしっかり決めて、傷が浅い内にスパッと切った方がいい、厳格にルールを守らなければならないと言われています。

損切りした方がいい場合と損切りしない方がいい場合は同じくらいある

FXの情報を配信している人のほとんどが、損切りは絶対にしなければいけないと強く強く言っていて、自分で損切りするのが難しければ、注文と同時に逆指値で損切り注文も入れておくべきだとか、取引に使っているプラットフォームで、最初から注文したら自動で逆指値が入るように設定しておいた方がいいとか、損切りできなかったら絶対大損して終わるとみんなが言っているわけです。

ただ、そんなにみんなが、「損切り」「損切り」と言うほど、損切りがFXで勝つための必須要素なんでしょうか。

少ない資金でレバレッジをかけてFXトレードするなら、もちろん損切りしないと、簡単に強制ロスカットになってしまいますが、相場は上がるにしても下がるにしても、上下上下しながら動いていくわけですし、大きく上がる前に一回大きめに下がったりすることも珍しくないので、ちょっと逆に動いたからといって、スパスパ切っていたらそれこそ、損切り貧乏になって、資金はどんどん目減りしてしまいます。

損切りしないとどうなる?損切りしなくていい方法はある?

FXにおける負けは、「損切り」か「強制ロスカット」かしかないですから、FXで負けている人の負けは、強制ロスカットされたか、そうじゃなければあとはずべて、自ら損切りしたことで作られているんです。自ら負けを確定させるという行為がどうして勝つために必要だなんて理屈になるんでしょうか。

自ら損切りしないと強制ロスカットになるようなやり方をしているから、ですよね。

だったら、強制ロスカットにならないやり方をすれば、損切りは必要ないし、強制ロスカットにもならず、損切りもしないなら、負けは100%ない、つまり勝てるということになりませんか。

強制ロスカットにならないようにやるというのは、当然、低レバレッジでFXをやればいいということです。ハイレバレッジでないとFXをする意味がないと思っている人は投資としてFXを考えているんじゃなくて、ギャンブルとしてFXをとらえているので、だからギャンブル的な勝率になってしまうし、一時的に大儲けできることもあるのかもしれませんが、長期的に安定的に勝ち続けることはできないんです。

スキャルピングやデイトレードをするなら損切りは必須

確かにFXには、急騰や暴落といえるような激しい値動きをすることが度々起こります。ただし、相場の約7割はレンジ相場であり、大きく値が動くトレンド相場は全体の3割程度しかありません。

短期足でトレンドが出ていても、長期足チャートで見ればレンジ内に収まっていることがほとんどですし、長期的に見てトレンドでも、短期で見れば上がったり下がったりしながら動いていくものなので、持ったポジションと逆に相場が動いてしまったとしても、保有していればいずれはプラスになると考えられます。

スキャルピングやデイトレードでやっている人は、値が戻るまで待っていたら1日が終わってしまうということもあるかもしれません。1回のトレードにドカンと大きなロットを突っ込んでいるのなら、数十pips逆に行っただけでも損失が大きくなるので、100pipsや200pipsになってしまう前に損切りするしかないでしょう。

ただでさえ難しいFXに期限の制限を入れて更に難しくする必要があるのか

今日利益を出さないと困る、パッとやってパッと利益を出したい短期トレーダーの方は、そういうやり方を詳しく指導しているサイトやブログで情報を集めていただけばいいと思いますが、FXは短期で結果を出さなければいけない決まりがあるわけではないので、何もわざわざ期限を区切って、トレードを難しくすることはないんじゃないかと私は思います。

しかも、銀行に預けるだけで手数料負けしてしまうような、金利ゼロの日本でFXするならば、日本より金利が高い国の通貨を買って日を跨いでポジションを保有すれば、スワップ金利も入るのですから、ゆったり構えて利益が出るまで待てばいいし、ちょっと逆に動いたぐらいで慌てて決済しなくたって全然困りません。

本来投資は、余裕資金でやるものであり、今日の生活費をデイトレで稼がないとご飯が食べられないとか、そういう切羽詰まった状態でやるべきじゃないし、そこまでではないにしても、投資用の口座に入れた資金を出したり入れたり忙しくしなければいけない状況でやるのもあまり良くありません。

FXトレードにおいて順張りと損切りのセットが王道になっている不思議

FXの王道とされている順張りトレードは、レンジブレイクでポジションを取るわけですが、レンジが続いていた相場で、それまでのレンジ高値を抜ければ必ずトレンドが始まるのかと言えば、そうとは言い切れないわけです。高値を一瞬抜けたけど、またレンジに戻ってしまうこともよくあるし、その後逆に抜けてトレンドになってしまうことだってあり得ます。

順張りトレードをしている人は、ブレイクでポジションを取るので、レンジの高値を超えたところで買ったり、レンジの安値を下抜けたところで売ったりするから、最高値で買ったり、最安値で売ったりすることになることもあって、だから損切りせざるを得なくなるんですが、それならレンジの安値で買いポジションを持った方がいいし、レンジの高値で売りポジションを持った方がいいとも考えられます。

レンジの安値で買いポジションを持ったのに、レンジを下抜けてどんどん下げてしまったら、次のターゲットの手前でナンピン、下げが止まらなかったら、また次のターゲットの前でナンピン・・不安定な動きをする高金利通貨などには通用しないやり方ですが、メジャー通貨がどこどこまでも下がりっぱなしなどということはあり得ません。

損切りで失敗しているのなら、最初から損切りしないやり方を考えればいい

小ロットでならどこどこまでも追いかけることができますし、損切りをしなくても、スワップ金利を稼ぎながら、値が戻すのをゆったり構えて待てばいいんです。

どうやって勝つかとか、どうやって勝率を上げるかではなくて、最初から絶対に負けないようにやればいい、そう頭を転換すればいいのではないでしょうか。

損切りをしないで、適切な幅でナンピンし、スワップをもらいながらプラスになるまで待つというやり方は負けませんが、それをするにはそれなりの資金は必要です。資金が十分にない人にはできないやり方です。

資金があまりない人は、反転するまえに強制ロスカットになってしまう可能性が高くなってしまうので、ナンピンするやり方はお勧めできません。少額で大きな利益が出せるというFXのやり方を提案しているサイトやブログもいろいろありますし、そういうやり方を試してみるのもアリだと思います。

私としては、少額資金からFXで大金を稼ぐのはとても難しいので、他のことで資金を作ってからFXをするのがいいと思いますが、実はお金がない人が投資をするのに十分な資金を作るための裏技もあるので、その方法もいずれご紹介していきたいと思っています。