負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXの重要ポイント!必見。通貨ペアの特徴と選び方

もう負けないために…FXの通貨ペアの選び方

もうFXでこれ以上負けたくないと思っているあなたへ。単純にボラティリティが高く、値幅が広いという理由でポンド/円(GBP/JPY)を選択し、痛い目にあってませんか?

放ったらかし運用で、ざくざく高金利のスワップ益が欲しい!とばかり、トルコリラ/円(TRY/JPY)を、ついつい多めに押し目買い保有…のつもりが、大暴落で強制退場…(泣)という憂き目にあったりしてませんか?

FXで勝つためには、通貨ペアの特徴を理解し、自分のトレードスタイルに合ったものを選んでいくことが、大事です。ただ単純に「儲かりそうだ!」という安易な観点でトレードするのが大変危険な行為であることは、言うまでもありません。

トレードや投資で大切な考え方として、「元金を減らさないこと」と、「大きく負けないこと」の2点が鉄則です。この鉄則を守り、兎にも角にもひたすらに実践し続けていれば、やがて資金は増えますし、自分に合ったトレードスタイルであれば、稼ぎ続けることができるでしょう。

まず、自分のトレードスタイルを知ることが大事です。自分がリラックスして淡々とトレードできるのはどんなスタイルで、どんな通貨ペアが適しているのか?以下、主な通貨ペアを列記して特徴を解説しますので、一緒に考えていきましょう。

FXで知っておきたい通貨ペアの特徴とは?

対円、対ドル(ドルストレート)

日本の大半のFX口座では、主に「対円」の円相場か「対ドル」のドルストレートの通貨ペアを選択して取引することができます。「EUR/GBP」や「AUD/NZD」のような通貨ペアを選択できるFX口座も若干数ありますが、やはり「対円」か「対ドル」がメジャーになります。

「メジャー」という見方は、あくまで「日本人にとって」ということになりますが、それは「日本人にとって情報収集がしやすい」ということでもあります。

円相場は、日本の景気を如実に示す「日経平均株価」との相関性が強いことが多く、相場観が自然と身につきやすく親しみやすい通貨ペアです。また、ドルストレートは、世界経済の景気を大きく左右するアメリカの「ダウ平均株価」や「ドルの政策金利」にも左右されやすく、アメリカ以外の国の通貨への影響力も大変大きいです。

よって、親しみやすい「対円」の円相場、または、世界経済と他の為替相場の影響力を知ることができる「対ドル」のドルストレートが、わかりやすい通貨ペアであると言うことができます。

金利(新興国通貨:高金利通貨を保有してスワップ益を得る)

トルコリラ/円(TRY/JPY)やランド/円(ZAR/JPY)など、新興国通貨のほとんどが高金利であることはご存知の方は多いと思います。よって、買いポジションを保有しているだけで、毎日スワップ利益を稼ぐことができます。

しかし、地政学リスクや政情不安定な状況から価格変動も激しいことが多く、特に暴落リスクに警戒して、少額でポジションを保有することが必要になります。よって、暴落しても強制ロスカットされないポジション量で保有し続け、売買による利確は殆ど期待せず、金利だけ得る資産運用スタイルにピッタリと言えます。

2008年8月頃の1トルコリラ94円の相場から、最近の2018年8月頃は1トルコリラ15円まで暴落したのは記憶に新しいですが、「まさかここまで暴落するとは!」と損失を被った投資家は数知れないと思います。

「さすがに10円を下回ることはないだろう…」と思ってしまいそうですが、新興国通貨は基軸通貨と違って信用力が低いのは否めないので、万全のレンジは想定できないのが実情でしょう。利確は諦めて、塩漬け株を保有して配当利回りだけもらい続ける…というような資産運用のイメージであれば、それも一興なのかもしれません。

値動き(安定か激しさか)

短時間内に値動きが激しく値幅の広い通貨ペアは、とりわけリスク管理が重要となります。ロスカットを厳しく設定しつつ、多くの利益を取るトレードをするか?その場合、常にチャートに向き合って売買を繰り返すトレードが向いていると言えます。

スキャルピングに適したFX通貨ペアは

ポジションを保有してから、数分数時間単位で売買を繰り返し、少ない値幅を多く積み上げて利益を積み重ねるスキャルピング。特徴として、「薄利多売」というトレードスタイルとなります。よって、短時間内において値動きの激しい通貨ペアを選ぶことが大変重要であることは言うまでもありません。

そして、逆方向に価格が動くことは当たり前と想定し、損切り幅を厳しく設定し、トータルで、損切りによる損失を利益確定による利益が上回っていることが重要となります。

そのため、値幅が大きい通貨ペアが適していると言え、真っ先にポンド/円(GBP/JPY)が思い浮かぶのでは?しかし、短時間内で値動きが激しいのと、スプレッド幅が狭い通貨ペアであれば、どれでも良いかと思います。

スプレッド幅の狭いドル円(USD/JPY)やユーロドル(EUR/USD)は適していますし、広い値幅がトレードしやすいという方は、やはりポンド/円(GBP/JPY)やポンド/ドル(GBP/USD)、カナダドル/円(CAD/JPY)やドル/カナダドル(USD/CAD)もスキャルピングで人気の高い通貨ペアです。

特に、重要な経済指標が発表される時には、激しく価格が揺り動きますので、その時が最も稼ぎ時になります。ただし、急な値動きを目の前にしても、高い集中力と機械のようにルールに忠実に淡々粛々と、瞬時に決済し続けるメンタルの強さが必須であることは、言うまでもありません(余談ですが、明らかに適正が分かれます)。

スイングトレードに適したFX通貨ペアは?

中期的なトレンドが分かりやすく、かつ、レンジも想定しやすい通貨ペアが適しています。数日間~数週間の間ポジションを保有し、売買のサインに沿って利益確定させるため、日足チャートでトレンドが生じた時が狙い目と言えます。

忙しくトレードする必要はありませんが、地政学リスクやイベントに注意が必要です。突然の急な値動きに備えるよう、レバレッジは低く抑えておき、証拠金維持率は高く保っていることが重要となります。

そのため、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタル分析も同時に重要になります。情報収集しやすい通貨ペアが良いので、日本人にとってマイナー過ぎる国の通貨ペアでの取引は難しいと思われます。

よって、やはりドル円(USD/JPY)が最もトレードしやすいです。資金に余裕があれば、ユーロ円(EUR/JPY)、ポンド円(GBP/JPY)、ユーロドル(EUR/USD)、豪ドル円(AUD/JPY)、NZドル円(NZD/JPY)などのポジションを、分散してレバレッジ4倍程度で保有して、ゆったりトレードするのも良いと言えます。

このポジションを分散するメリットとして、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなど、地域ごとにポジションを分けることで、リスクを分散させる狙いがあります。すべて同じ方向に価格が動くことも多いですが、地域ごとに異なる値動きをすることも多く、含み損や損失を補完することが可能となります。

そのため、対円の通貨ペアだけでなく、ドルストレートも織り交ぜることができれば効果が上がります。情報収集に自信があれば、円もドルも介さない、ユーロポンド(EUR/GBP)や豪ドルNZドル(AUD/NZD)のような通貨ペアも取り入れてみるのも、投資として面白いかと思います。

小ロットナンピンFXでおすすめの通貨ペアは?

最後に、当サイトでおすすめしている「小ロットナンピンFX」に適した通貨ペアを考えてみたいと思います。小ロットでロスカットされないポジション量を保有し続けるため、長期的なレンジを想定しやすい通貨ペアが適しています。

よって、ドル円(USD/JPY)が最も分かりやすいでしょう。歴史的最安値を想定しても、2011年10月頃の1ドル75円付近。ここを大きく下回るようであれば、世界的にもドルの価値が大暴落し、世界経済は間違いなく崩壊しているという状態です。

あくまで目論見にはなりますが、アメリカと日本の金融政策から見ても、長期的に円安ドル高に向かっている相場観はほぼ間違いなく、75円を大きく割り込む可能性は限りなく低い…と見積もったレンジを想定して、小ロットでポジションを保有することが可能になります。

時々発生するかもしれない大不況によって、ある程度円高に向かっても相場が反転した時、たくさん利確できることが予想しやすく、最も美味しい通貨ペアと言えます。

それから、世界でもっとも取引量が多いユーロドル(EUR/USD)も、安定していて情報も多く、小ロットナンピンに向いています。

注意したいのは、ドル円でもユーロドルでも、マイナススワップになる方向でポジションをとると、長期保有すると損失が毎日積みあがってしまうので、スワップがつく方にポジションをとることです。

レンジで動いている、これから上がるのか下がるのか予想がしづらい通貨ペアも避けた方が良いでしょう。長期チャート、超長期チャートを見て、上がり過ぎ、下がり過ぎ圏内に入った通貨ペアを探して、適正価格の方向(逆張り)に小ロットでポジションを取っていきます。

まとめ

FXで最も大事なことは「負けないこと」。
自分のトレードスタイルに合った通貨ペアを選ぶことが大事。
情報収集しやすい通貨ペアであるか?という観点も重要。
トレードスタイルは様々だが、取引のしやすさから考えると、やはりドル円(USD/JPY)が秀逸と言うことができる。
資金に余裕があれば、リスク分散目的で他の通貨ペアを組み合わせるようにする。