負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FX業者の選び方-DD方式とNDD方式

国内FX業者の多くが採用しているDD方式とは

国内FX業者のほとんどが採用しているのは、DD(ディーリング・デスク)方式というもので、別名、OTC(オーバー・ザ・カウンター)、店頭取引、相対取引、とも言います。

DD方式というのは、FX業者に常駐しているプロのディーラーが顧客の注文を捌くシステムで、顧客からの注文の全てを市場に通すのではなく、ディーラーの裁量で市場に流したり流さなかったりしている、ということです。

日本では、FXトレーダーの90%以上が負けていると言われているので、顧客の注文を全て市場に通すよりも、市場に流さずに呑んでしまった方が業者の利益になるのは間違いなく、プロの目で見て、いかにも負けそうな注文は通さずに、継続的に勝っている顧客の注文だけを通すといったやり方をしていると考えられます。

DD方式の業者は、市場に通さなかった注文(呑んだ注文)は、顧客が負けると利益になるし、顧客が勝つと損失になりますから、業者と顧客は利益が相反する関係になります。

ですから、DD方式の業者でトレードをしていて、不利なスリッページが発生したり、相場が激しく動いている最中にスプレッドが異常なくらい大きく開いたりシステムダウンが起きたりといったことがあると、故意なんじゃないかと疑えば疑えてしまいます。

DD方式の業者は儲かるので、広告宣伝費を大きくかけていて、ネットで検索すれば広告もどんどん出てくるし、手数料ゼロにできるし、スプレッドも小さくできるので、スプレッドを比較してどこの業者が有利かという考え方が主流の日本では、DD方式の業者が人気ですが、安心してトレードしたいのなら、利益が相反しない(DD方式ではない)業者を選んだ方がいいと言えます。

世界的な標準のNDD方式とは

日本のFX業者では少ないですが、世界的にはNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用している業者がほとんどです。ノー・ディーリングですから、ディーラーが間に入らずに、顧客の注文がそのままインターバンクに流れます。

NDD方式のFX業者は、顧客の注文すべてを市場に流すので、収入源は手数料です。手数料という名目で徴収している場合と、スプレッドから徴収している場合がありますが、顧客が儲かって、長く安定してトレードしてくれが方が業者の利益にもなるので、業者と顧客が利益相反にならず、安心してトレードができます。

NDD方式はDD方式のような「呑み」が行われることはないので、DD方式の業者で噂されているような、故意に操作されて損させられるのではないかという不安はないですが、DD方式の業者に比べてスプレッドが広いので、手数料やスプレッドを重視したランキングサイトで不利に扱われていて、日本国内ではあまり人気がありません。

顧客が負けると利益になる業者でトレードするということは

日本の金融機関はもうずっと、利用すればするほど顧客には損になる体制が続いています。銀行にお金を預けても金利はほぼゼロで、手数料を取られるだけで、どんどん目減りしてしまいますし、証券会社などに余裕資金の運用を相談しても、勧められた金融商品を買って儲かったと言っている人は誰もいません。

日本人は長い間、金融機関にお金を預けたら損させられるのが当たり前になっているので、FX業者と顧客の利益が相反するといっても、「そういうものだ」と思ってしまいがちですが、これはとても怖いことです。

ネット上でさまざまなFX業者が、顧客を獲得するために宣伝活動をしていますが、DD方式の、顧客と利益が相反する業者はつまり、自分たちが利益を出すために、損させる対象を呼び込もうとしているということです。

キャンペーンでキャッシュバックを提供したり、高いアフィリエイト報酬でネット上に広告を拡散したりして、それに釣られて来た人を食い物にするということです。

DD方式のFX業者では、初心者でも安心、少額から気軽にトレードできる、スマホでいつでも簡単にトレードできる、PC不要…といった広告が並んでいますが、すべて、負けを誘う内容ばかりです。

少額資金でFXトレードをしたら、何度か負けたら資金は消えますし、スマホの小さな画面だけ見てトレードするのでは情報量が少なすぎるし、市場の動きに合わせてトレードするべきで、自分の都合で時間がある時にトレードして勝てるというものではありません。顧客獲得のための宣伝文句を見ただけでも、損させるために顧客を獲得しようとしているのが見え見えなのです。

FXトレードにおけるスプレッドの重要性

デイトレやスキャルピングで、大きなロッドでトレードしている人にとって、スプレッドは確かに重要な要素です。スプレッドの開きは、エントリーした瞬間にマイナスになる額に直結しますから、10万通貨や100万通貨を一気にトレードしているような人にとっては、無視できない大きな差が出ます。

スプレッドが小さければ、ちょっと動いただけですぐプラスになりやすく、動きが微妙だと感じれば、トントンか少しプラスで決済して逃げることも容易ですが、スプレッドが広いと、なかなかプラスにならず、エントリーした時と流れが変わって逆に動いてしまったりもするので、結果的に結構な損を出してしまうということもあります。

トレーダーにとってスプレッドが小さければ小さいほどいいわけですが、市場が大きく動いているような時に、DD方式の業者のレートは市場と大きく乖離することがあり、通常時固定のスプレッドが、パニック時には異常に開いてしまうこともあるので、その瞬間にロスカットということもあり得ます。

DD方式のFX業者でスキャルピングをすると問題が起こることがある

DD方式のFX業者はスプレッドが狭いので、ハイレバレッジのスキャルピングで高速回転して数pipsを抜いていくようなトレードに有利ですが、そういうトレードで勝ち続けると、口座が凍結されてしまうことがあります。

ハイレバレッジのスキャルピングで、損を重ねている人の口座が凍結されることはありませんが、顧客が狭小スプレっとを利用してスキャルピングで大きな利益を出し続けると、規約の違反行為とみなされて、使えなくなってしまうのです。

DD方式のFX業者の取引ツールが、世界標準のMT4を採用せずに、独自プログラムであるのも、自動売買で高速回転されて、カバーしきれない利益を出されることを防ぐためとも考えられます。

スキャルピングをする場合、スプレッドは小さい方がいいのは間違いないですが、勝つ予定ならば、最初からNDD方式の業者を選ぶべきです。口座凍結になってから慌てても、規約には同意してトレードしているわけですから、規約違反と言われたら受け入れるしかありません。

まとめ

FX業者には、DD方式とNDD方式があり、DD方式は一見、スプレッドが小さく、有利にトレードできるように感じるが、顧客の注文をディーラーが捌くので、すべての注文が市場に流れているわけではなく、業者と顧客が利益相反になり、顧客に不利益な操作が行われる可能性を否定できない。

NDD方式のFX業者は、顧客の注文をすべて市場に通しているので、スプレッドが業者の利益になるので、DD方式の業者よりスプレッドが広いが、顧客が儲かって、長期に渡り安定してトレードし続けてくれる方が利益になるので、安心してトレードできる。

トレードの仕方によっては、DD方式で何の問題もないこともありますし、DD方式の方が有利にトレードできる場合もあるので、一概に言えないが、自分が取引する業者がDD方式なのかNDD方式なのかを知り、トレードスタイルに合っているかどうかを考えることが大事。