負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

負けないFXの最重要ポイント-ロスカットを考える

ロスカットにならなければFXは負けない

小ロットナンピンFXサイトでは、何度も繰り返し説明していますが、FXの負けは、「損切り」と「強制ロスカット」のどちらかしかありません。つまり、損切りと強制ロスカットをどちらも避けることができれば、FXは負けないということです。

損切りを避けるのは、自分が損切りをしなければいいだけですから難しくありませんが、問題は、市場がどう動こうと、絶対にロスカットにならないようにトレードを続けることができるかどうかであり、ロスカットについてきちんと知っておくことが大事なのです。

FXは証拠金取引なので、口座に預け入れた資金を担保に、その何倍もの金額の取引ができるので、少額の資金で大きな利益を狙うことができますが、その反面、預け入れた資金を超える損失を出してしまう危険性もあり、安易な取引を一回しただけで、返済不可能な負債を背負って人生が破綻してしまうこともあり得るわけです。

ですから、損失の額が預入金額内に収まるように、損失が一定の基準に達するとシステムによる強制決済が行われる仕組みになっているのです。ロスカットはトレーダー保護のために設けられた制度ではありますが、FXで負けている人の多くが、このロスカットにやられているのも事実なので、FXをやるなら、ロスカットにならない方法は考えなければいけません。

ロスカットを理解するために必要な知識について

ロスカットルールの解説の前に、まず用語の説明をします。

証拠金とは

証拠金は、FX口座に預け入れるお金で、FXはこのお金を担保に取引を行います。証拠金は、預託金、または保証金とも言い、意味は同じです。

FXは、日本国内の業者では、口座に預け入れた証拠金を担保にして、最大25倍までのレバレッジ取引ができます。また、海外のFX業者には、最大1000倍ものレバレッジ取引ができるところもあります。

必要証拠金とは

必要証拠金は、取引する際に最低限必要な証拠金額で、次の計算式で求められます。
[約定レート] × [数量] ÷ [レバレッジ] = [必要証拠金]

例1)国内のレバレッジ25倍のFX業者で、120円のレートで1万ドル分取引する場合
120 × 10000 ÷ 25 = 48000 となり、必要証拠金は 48,000円になります。

例2)海外のレバレッジ100倍のFX業者で、120円のレートで1万ドル取引する場合
120 × 10000 ÷ 100 = 12000 となり、必要証拠金は 12,000円になります。

例3)海外のレバレッジ1000倍のFX業者で、120円のレートで1万ドル取引する場合
120 × 10000 ÷ 1000 = 1200 となり、必要証拠金は 1,200円になります。

有効証拠金とは

有効証拠金は、FX口座に預け入れている証拠金残高に、保有しているポジションの評価損益を加減した金額で、次の計算式で求められます。
[証拠金残高] + [評価損益] = [有効証拠金]

例1)証拠金残高が50万円で、評価損益が3万円のプラスの場合
500,000 + 30,000 = 530,000 となり、有効証拠金は 53万円になります。

例2)証拠金残高が50万円で、評価損益が15万円のマイナスの場合
500,000 - 150,000 = 350,000 となり、有効証拠金は 35万円になります。

証拠金維持率とは

証拠金維持率は、有効証拠金額が、保有ポジションを維持するための必要証拠金に対して、どの程度余裕があるかをパーセンテージで表した数値で、次の計算式で求めます。
[有効証拠金] ÷ [必要証拠金] × 100 = [証拠金維持率]

例1)証拠金残高が50万円で、25倍のレバレッジで、120円のレートで2万ドルのポジションを保有し、評価損益がプラスマイナスゼロの場合の証拠金維持率は
有効証拠金  500,000
必要証拠金  120 × 20000 ÷ 25 = 96,000
証拠金維持率 500,000 ÷ 96,000 × 100 = 520.83%

例2)証拠金残高が45万円で、25倍のレバレッジで、120円のレートで買った5万ドルのポジションが、115円に下がって25万円の含み損を抱えてしまった場合の証拠金維持率は
有効証拠金  450,000 - 250,000 = 200,000
必要証拠金  115 × 50000 ÷ 25 = 230,000
証拠金維持率 200,000 ÷ 230,000 × 100 = 86.95%

例3)証拠金残高が30万円で、500倍のレバレッジで、120円のレートで買った5万ドルのポジションが、115円に下がって25万円の含み損を抱えてしまった場合の証拠金維持率は
有効証拠金  300,000 - 250,000 = 50,000
必要証拠金  115 × 50000 ÷ 500 = 11,500
証拠金維持率 50,000 ÷ 11,500 × 100 = 434.78%

このように、低レバレッジの口座でトレードするよりも、高レバレッジの口座でトレードした方が、証拠金維持率は高く保てるということになります。

ロスカットルールの比較

国内のFX口座のロスカットルールは、証拠金維持率が基準値を下回った場合に、自動的に全ポジションの決済が行われるのが一般的で、基準値はFX会社によって差があります。基本的には、20%~100%の間に設定されていることが多いです。

ロスカットを避けたいなら、取引する口座は、レバレッジが高く、ロスカット水準(証拠金維持率が何%を下回ったら強制決済になるか)が低いFX会社の口座がロスカットになりづらく、負けづらいということになります。

但し、万が一ロスカットになってしまった場合を考えると、証拠金維持率が100%を下回ったところでロスカットになるルールだと、ロスカットになった時に口座にある程度資金が残るので、ロスカットされた後で一回冷静になって、改めて再チャレンジすることができるとも言えます。

逆に、証拠金維持率20%を下回ったところでロスカットされるルールの口座でロスカットになると、資金はほぼ残らないので、改めて資金を入れられない人はそこで一旦退場となってしまいます。

また、市場が大きく動いた場合に、ぎりぎりまでロスカットされない設定だと、ロスカット執行が追い付かずに、預け入れた資金を超える損失が発生する可能性が高くなり、追証請求で厳しい負債を背負うことになることもあります。

ですから、ロスカットになりにくい口座を使うのであれば、追証がない、ゼロカット方式であるかどうかも検討するのが望ましいと言えます。

まとめ

海外FX口座の高いレバレッジは、少額資金で一攫千金を狙ったギャンブルトレードをしようと思っているトレーダーに人気で、余裕資金が十分にあって、堅実に負けないトレードをしようと考えているトレーダーは、あまり利用していません。

でも、海外のハイレバレッジFX口座は、必要証拠金が安く、余裕ある資金をさらに余裕をもって使えますし、ロスカットになる可能性も低くなるので、より一層負けづらくなり、堅実派のトレーダーにも大きなメリットがあるんです。
負けないようにトレードするには、負ける要素はできるだけ取り除いた方がいいですから、トレードする口座はよく考えて選ぶことが大事です。

管理人

サイトマップ