負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

2018年6月FXトレードノート-ドル円の含み損が解消しました。長い間持ち続けていたユーロドルはついに全決済!気持ちが軽くなりました。

2018年6月24日~6月30日+34,064円

USDJPY

ドル円も上がりそうで上がりません。安値も高値も更新してますし、上に行っても下に行ってもおかしくないチャートパターンなので、109円台を決済しました。下げたら買い下がり、上げたら上のポジションをなるべく高値で決済したいと思います。

EURUSD

ユーロドルは先々週ポジションを全決済したので、気楽に売り上がってみましたが、サラッと下げたのでまた全決済しました。決済後にまた上がってきたので、ここはまた売り上がっていきます。

EURJPY

ユーロ円は安値でもみ合っていたんですが、週末に急に上昇したので決済しました。なんで上がったのか、他のことをしていたのでよくわかりません・・。

2018年6月17日~6月23日+5,374円

取引なし

前の週にポジションが軽くなったこともあり、今週はユーロドルの上昇に向かって、新たなポジションを作る方に力を入れていたので、決済はありませんでした。

レンジで上下している中では、細かくポジションをとって、決済を繰り返すことで、小さな利益を積み上げることもできると思いますが、他のことに気を取られていたので、放置してしまいました。

2018年6月10日~6月16日+134,178円

USDJPY

ドル円は、このまま上昇するかもしれないし、しばらくレンジかもしれないので、110円台と109円台は決済しました。下げたら買い下がり、上げたら高値ポジションを決済します。

このように、高いところから買い下がってしまった場合に、中間のポジションを決済することがいい場合と、損になる場合があります。このままどんどん上がっていくならば、ちゃんと上がってから決済した方がいいのですが、このあたりでしばらくレンジになってしまったり、またはずるずると下がってしまうこともあるので、そういう場合に備えてポジションを少し軽くしておこうということです。

FXに限らずトレードは、決済すればさらに伸びてしまうし、決済しなければ利益が消えてしまう、どうせ逆に行ってしまうんですが、決済しないで利益が消えてしまったり、逆にマイナスになってしまう方が、どちらかというと辛いので、私はこういう決済をよくしています。

EURUSD

ユーロドルは本当に長くポジションを持ち続けてしまいましたが、ここで全決済しました。

ここまで長く持ち続けてしまうと、どこで決済したらいいのかわからなくなります。スワップもつくので、まだまだずっと持っていたい気持ちもするのですが、一旦身軽になって、また新たなポジションを作っていくことにしました。

EURJPY

暴落前に絶妙なタイミングで売りポジションを立てていて、とても上手なトレードですが、小ロットなので利益はちょっぴりです。

こういう時は、1000ユーロではなくて、1万ユーロ売っていれば・・と思ってしまいますが、一発勝負で大儲けを狙う手法ではなくて、負けずにこつこつ利益を積み上げていくのが目的なので、これでいいのです。

2018年6月3日~6月9日+18,466円

EURJPY

決済が少し早くて、ほとんどのポジションを決済した後にぐいぐい上昇してしまいました。悔しかったので、上昇したところで1ポジだけ売りをやって、地味に利益を取りました。これで満足です。

2018年5月27日~6月2日+5,423円

取引なし

決済できるタイミングもあったんですが、迷って見送っているうちに1週間が過ぎてしまいました。ただ、黙って持っていればスワップがつくので、こういうときにスワップ収入はとてもありがたいです。