負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXトレードには株式投資とは違う可能性がある

FXトレードは株式投資とは違う

私は40歳の男性で、出版社などから依頼を受けて原稿を書くライターです。会社に所属していないフリーランスという部類で、職業としては個人事業主の扱いになります。FXについてはキャリア10年を超えていて、始めた時期は2008年ぐらいでした。

始めたきっかけは、個人の投資運用の中で生活できるだけの利益を得られる金融商品を探していた時に目に留まったことです。投資資金は約50万円で、月1万円をコンスタントに取れるようになってきたのが最近の損益結果として挙げられます。

株式投資を長くやっていたにもかかわらず、FXトレードのスピードの速さにはかなり戸惑いました。株式投資に回せる資金がなくなってきたことからの乗り換え先だったのですが、コツを掴むまでに時間がかかりました。

レバレッジとしては株式投資より魅力的ではあるものの、長期的にポジションを持つにはけっこうなリスクがあるなと思っています。もっとも、リスクはリターンの裏返しであり、上手く立ち回れば大きなチャンスがあるのも事実です。

レバレッジ規制の話が出ているので、今後は少額から気軽に投資できるとは限らないのが悩みの種になっています。しかし、レバレッジ10倍でも本質的には変わらないので、いかにトレードの判断力を磨いていくのかがキーです。

色々な投資運用をやってみて、株式投資とFXトレードを同じ感覚でやると痛い目に遭うことを学びました。市場休みの日を除いて、24時間ずっと動き続けているのは、心理的にけっこう無視できないプレッシャーがのしかかってきます。

100万円の資金で月10万円を稼ぐ可能性

資金100万円があっても、株式投資では毎月生活していく分を稼ぐのは困難ですが、FXトレードならレバレッジと値動きのおかげで、毎月10万円ぐらいを稼げるチャンスがあります。むろん、同じぐらい損をする危険でもありますが、リスク管理を徹底すればカバーできる範囲です。

金利差のスワップ狙いも有名な手法で、人によってはポジションを年単位で保有しています。私自身はスワップを気にしておらず、売買差益のみで純粋に利益を狙う考え方です。

毎月1万円ずつ投資していくのならば、FXトレードを選ぶメリットはあると思います。投資信託で積み立てても儲けは少ないですし、何かの拍子で値下がりした時点でトータルが赤字になる可能性があります。

FXトレードは自分が上達することで損益のパフォーマンスが改善されるから、長期的には自分の腕でいくらでも稼げるのです。長期的にトレンドに乗せる株式投資に比べて短期間で決着がつくので、複利運用をする際にも有利になります。