負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXで勝つための資金の考え方

「FXは簡単に儲かる」は誇大広告

ネットでFXについて検索すると、FX会社の宣伝や、広告収入目的のランキングサイトなどで、FXは少額の資金で始められて、忙しい人でもスマホ1台あれば、いつでもどこでも取引可能な、気軽に始められる投資であると説明されています。

それと同時に、FXトレーダーの9割は負けていて、勝っている人は1割もいないと言われているし、FXは投資ではなくギャンブルだとも言われています。

実際、少額の資金で気軽に始められるのも事実だし、スマホ1台でいつでもどこでも取引できるのも事実だし、FXトレーダーの9割が負けているというのも、事実だろうと思います。

では、たった1割しかいない勝っているトレーダーは、9割の負けているトレーダーと何が違うのでしょうか。FXは、気軽にやって簡単に勝てるほど甘くないとわかっている人が勝てているんんだと私は思います。

安定して勝っているトレーダーは資金が少額ではないし、トレード環境をきちんと整えてやっているし、何かの片手間などでなく、負けないように真面目に取り組んでいるし、最悪の事態を想定し、そのリスクを受け入れる覚悟を持ってやっています。

気が向いたときにスマホにレートやチャートをちょっと表示させて、前に見た時より上がっているとか下がっているとか、そんな適当な判断基準で売ったり買ったりするようなやり方で、世界中のプロが真剣勝負している相場で勝てると考えるのは、やはり甘いとしか言いようがありません。

FXで勝つためには、FXトレーダーの9割がやっていないことをしなければいけないし、逆に言えば、9割の勝てないトレーダーがやっていないことをすれば、勝てる可能性がどんどん高くなっていくということです。

少額資金でFXをするリスク

当サイトの体験談の記事を見ていただければわかりますが、ほとんどのFX経験者の投資資金は数万円から多くても20~30万円程度でトレードを始めています。100万円以上の資金で始める人はほとんどいません。しかも、資金を多く入れるとリスクが高いから、少額で始めた方がいいと考えている人が多いのです。

でも、本当は違います。投資資金は多ければ多いほど負けにくくなりますから、少ない資金で始めるよりも、資金をたくさん入れた方がずっと安全なんです。少額資金でFXを始めたら、ほとんどの場合は、資金が増える前にゼロになってしまうんです。

ロスカットになりそうになる度に資金を追加して、結局100万円以上投入したけど、最終的にやっぱりロスカットになってしまったという話もよく聞きますが、10万円の資金で始めて、損失が膨らむ度に資金を入れても、常に少額資金のままですから、何度資金を追加しても勝てる可能性は高くなりません。

FXをギャンブルにしてしまうハイレバレッジ

10万円の資金で、25倍のレバレッジをかけて、250万円分の米ドルを買ったとしたら、30銭にも満たない、ちょっとした調整的な動きで、10万円の資金はあっけなく消えてしまいます。

上昇中の相場であっても、真っすぐ一直線に上がるわけではなく、上げたり下げたりしながら上がっていくものなのですから、30銭くらいの下げは当たり前にあります。ハイレバレッジのトレードをしたら、勝てる勝負にも負けてしまうリスクが高くなるんです。勝てば大きく儲かるけど、ほとんどの場合は資金のすべてを失う、そんなやり方をすれば、ギャンブルと同じと言われて当然です。

少額資金で、海外FX会社の数百倍の超ハイレバ取引をして、10万円が1年で数千万円になったとか、そんなブログも見かけますが、そんな記事を見て自分もやろうと思うのは、どこかで誰かが宝くじが当たったから、次は自分が当たると思い込むのと同じです。

10万円を10回失って100万円損してしまったり、100万円損したからそれを取り返そうとして、借金してさらに損を膨らましてしまったり、そういう人が少なくないから、FXは危険なギャンブルだというおかしな認識が広がってしまったんです。

ギャンブル的要素ゼロのFX

でも、FXは、ギャンブル的なやり方をしなければいけない投資ではありません。100万円の資金で、10万円分のドルを買うなら、ドルが50円になろうが、10円になろうが、資金は90万円以上の資金が残りますから、安くなったドルをさらに買って、スワップ金利を受け取りながら、上がるのを待つことができるんです。ギャンブル的要素などまったくありません。

資金を10万円しか用意できないなら、小さな取引ができるFX会社で口座を作り、1万円分のドルを買えばいいんです。資金が少ないからギャンブルをする、そういう考え方でいたら、その少ない資金すら失ってしまうし、お金は永遠に増えていきません。

日本人は真面目だと言われていますが、一方で、世界一ギャンブル好きとも言われています。安いお給料で真面目にコツコツ働くけれど、何十年頑張ってもお金持ちになれないので、一攫千金のギャンブルに夢を託すしかないと思う人が多いんですね。

でも、投資は、お金持ちの人が全員やっている、お金を増やすための行為であって、少ない資金で一攫千金を狙うギャンブルとは違います。負けないようにやらなきゃいけないものなんです。

FXの負けとは

FXで負けたことがある人は、なぜ負けたと思っていますか?すごい勢いで上昇していたから、乗り遅れたくなくて乗っかったらそこが天井だったとか、買いシグナルが点灯したから買ったけど騙しだったとか、自分で決めたルールが守れなかったとか、指標が予想外な結果になったとか、いろいろあると思いますが、そういうことではなくて、負けた直接的な原因は、自分の手で損切りしたか、口座の規約に従ってロスカットされたか、この2つのどちらかなんです。

どんなに含み損が膨らんでいたとしても、損切りもロスカットもされていないなら、まだ勝負はついていません。勝つためには、負けている間は勝負をつけなければいいし、常に勝つまでやるなら、勝率は100%にできるのです。

損切りは自分の意思ですることですから、損切りしなければ勝負はつかないと言えますが、ロスカットは利用しているFX会社が決めたルールに従って行われるものなので、そこに引っかからない取引を常にしなければならないということになります。

ロスカットにならないように取引するのは難しいと思いますか?全然そんなことはありません。そもそも、レバレッジをかけなければロスカットには絶対になりませんし、一気にたくさんのポジションを持つんじゃなく、少しずつ、半値になってもロスカットされないくらいの十分な幅をとってポジションを増やしていくなら、ロスカットになることはないんです。

どこまで上がるか、どこまで下がるか、高値安値の目安

高金利通貨などの特殊な通貨は、半値もあり得ますが、ドル円などのメジャー通貨がそういう値動きをすることはありません。そもそもFXで利益を出したいなら、安いところで買って、高くなったところで売ればいいわけですから、買うタイミングは中長期目線で見て「安い」と感じるレベルです。中長期目線で見て安いと思うレベルから半値になるということは常識的にあり得ません。

例えば、ドル円が120円になり、130円、140円、150円と円安がどんどん進んでいったとして、メディアがこのまま200円になるとか、300円になると煽りだしたので、乗り遅れたくないと思って155円でドルを買ったとしたら、そこから暴落して半値になってしまう可能性はゼロじゃないかもしれません。でも、120円に向かって円安が進んでいる時に、110円を割ってきたから小ロットでドルを買ったとして、半値以下に下がることを想定するのは、心配のしすぎです。

下がったとしてどこまで想定すればいいか、自分の分析に自信がなければ、何十年もFXの世界で活躍している信頼できる評判のいいアナリストをひとり決めて、レポート等を常にしっかり読み込んでトレードの参考にすればいいのです。(誰の言うことを信じるかは重要な問題ですが、だからといって、いろんな人の意見を聞き過ぎたら、みんなそれぞれ考えが違うので、何も見ないのと同じになってしまいます。1人では不安ならせいぜい2人くらいで、相場観の近い、お互いを補い合えるような人を選ぶといいと思います。

低レバレッジでは旨味がない?

低レバレッジでFXをやるのでは旨味がない、メリットがないと言う人がいます。だけど、そう考えている人はみんな、投資家ではなくギャンブラーです。例えば、どこかの証券会社が、年利10%の投資信託を販売したら、ものすごく売れると思うけど、FXで年利10%や20%と聞くと、面白くない、資金効率が悪いと鼻で笑うのです。

ハイレバトレードで、月利20%を狙うとか、年利100%を狙うと言って、結局コツコツドカンを繰り返してしまいます。どこかで大きく儲けることができたとしても、ハイレバトレードを続けていたら、どこかでまた、すべての利益を吹き飛ばす大失敗をしてしまうかもしれません。

FXは投資としてやれば、きちんと利益を上げることができます。一攫千金のギャンブルをしようと思うのはやめて、堅実に資産を増やすことを考えてほしいと思います。