負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

取引だけではないFXの面白さ

ドル円の買いでスワップを狙う

50代の男性です。元々は株をやっていたのですが、ストップの規制が気に食わなくてFXに切り替えました。株と違いFXは取引時間も24時間ですし、規制で取引が出来なくなることもありませんから余裕を感じました。

ボラリティーを考えてユーロ/ドルから始めて、途中からドル/円も並行してやるようになったんですが現在はドル/円専門です。理由は簡単でスワップポイントが付くからドルを買うだけにしているんです。

月単位のスイングで底を狙って買う

無論ある程度利益が出れば決済はしますが、よほどの暴落でもない限り放置します。金利分だけの利益でもいいと思っているからです。と言いましても買うタイミングは所謂底を狙って行きますから、含み損は基本的にない状態での放置になります。底値を間違えたと判断したら即損切りしてもう一度底を狙うんです。

スタンスとしては月単位のスイングで考えて、天井だと判断されれば一部だけ残して利確します。残りはスワップの為に温存しておくのです。そしてトレンドが更に深い底を形成しそうになれば、また新たに底を狙うのです。

為替の流れでニュースを見る楽しみ

このやり方にしてからはニュースの見方が少し変わってきました。短期的に捉えないと言うのか、流れを見る感じになったんです。指標などで大きく価格が動いても、もっと大きな流れから見ると小さな変動に見えるというような事です。

そうやってニュースを時系列で見ていると、次に起こりそうな事件を勝手に妄想したりするのが面白くなってきたんです。為替の流れから次の大統領を予想したりするんですね。前回の大統領選の時も大方の予想と為替の推移が逆行していましたから、流れから見ると結果は現大統領の勝利を示唆していました。

市場の思惑で為替が動く、思惑の推理が楽しい

株でも思惑が錯綜して株価が変動する事がありますが、為替はもっと大きな思惑を感じるんです。それに乗っかれば勝てるのかなと思ってから、取引より思惑を推理するほうが面白くなったんです。

短期的には先物や経済指標の影響で為替が乱高下したりしますが、その後の動きは予定調和的にまとまると見るのです。そこに陰謀説だとかフリーメイソンをはめ込んで妄想するのが楽しいんです。

ドルが基軸通貨なのでアメリカの動向に注目が集まるのは当然なのですが、もっと地球的にと言うかアメリカの未来を考えながら為替を見ていると最終的には戦争と侵略に支配されているのが現実なのかと思います。

株の時にはそういう楽しみは無かったのはやはり為替が全世界的な取引だからだと思います。これからもスワップ狙いで儲けを出しながらFXを続けていきたいとおもっています。