負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FX海外口座をなぜ使わないんですか?

海外FX業者の特徴

私は海外FX業者のを使っています。海外FXの強みは何といっても狭いスプレットと、私が使っている業者は、最高400倍のレバレッジ、そして、高約定です。私は一度も滑って約定を逃したなどとゆう思いはした事がないです。海外FX業者の中には、もっと高いレバレッジを提供しているところもあるので、自分の好みで選べると思います。

海外口座といえども、日本語にしっかり対応していますので、まったく心配はありません。困った時はチャットで即座に対応して頂けます。国内のFX会社の電話サポートよりも、ずっと気軽に何でも相談できると感じます。

入金方法も、今人気のビットコインから、銀行送金に対応していて、クレジットカード送金の場合は即座入金も可能です。

取引ツールMT4について

取引ツールではMT4を使います。国内業者で取引している方は、そこで用意されていた取引ツールに慣れているので、MT4がに苦手意識を持っているかもしれませんが、MT4に慣れてしまえば、それがもう世界基準ですから、そのあとは取引会社を変えたとしても、ずっとMT4でトレードできるので、いちいち悩む必要がなくなります

そもそも、大変優れたツールで、利用者が満足しているから世界中で使われているのだし、日本のFX会社が独自で開発した取引ツールの使い方を一生懸命学ぶぐらいなら、最初から世界標準のツールを使った方がいいと思います。

私も英語アレルギーですし、MT4はなんだかとても難しそうに見えていましたが、使い方を丁寧に説明している無料サイトやブログも無数にありますし、書籍も出ていて、使い方がわからなくて困ることはありません。

国内FXはレバレッジ規制のせいで魅力がない

ところで、私がどうして海外口座を使うようになったかとゆうと、やはり、日本の取引所のレバレッジ規制です。レバレッジ規制で25倍に制限されてしまってから、もうFXにまったく魅力を感じなくなってしまいました。

私がFXを始めたころは、400倍のレバレッジをかけられたので、そのメリットを活かして楽しくトレードができていました。

手法は朝10時位からドル円のチャートをみて、その時の高値と安値を確認します。その高値と安値の幅が狭いほど、お昼までにはブレイクアウトをするので、そこを狙ってトレードしていました。

なので、イフダンオーシーオー(IFD-OCO)設定をして、待ち構えていました。もちろん手動で入力です。そうやって、1日5ピプスから10ピプスの利益をあげていたんですが、そんなわずかな利幅でも、レバレッジを大きくかけられたので、利益はとても大きかったのです。

しかし、レバレッジ規制があまりにもひどくなって、このまま辞めるか、海外口座を試してみるか…と考え、試してみる事にしました。いつまでも逃げてはいられない、と思って。

h2>海外FXを始めるための準備

まずはYouTubeで「MT4の使い方」を検索してみると、物凄い数の動画がアップされていました。しかも、とても分かりやすく、見れば見るほど魅力的なツールに思えて、なんで今までこれを使わなかったのだろうかと思ったほどです。

そして、海外FX口座について調べて、ネットでお勧めと書かれていた海外FX口座を開設をしました。口座開設は国内口座の開設よりも簡単なほどでした。そしてMT4のインストール、そして動画を見ながらチャートの設定、それらもすべて、思っていたよりずっと簡単でした。

h2>今では海外FXしか考えられない

使ってみると、注文したらその後のIFD-OCO設定の簡単さに衝撃を受けました。なんとチャート上でそのまま注文が出来るのです、ラインを移動するだけでです。今までは手動でいちいち金額を計算して、入力していたのに、チャート上のラインを移動するだけで、損益の計算までしてくれます。

右手一つで、数秒で指値・逆指値注文が出来るのです。そして決済方法も、注文履歴の右の端の×ボタンを押すと、すぐに決済ができます。決済の早い事、×を押した瞬間決済完了。スキャルピングには持ってこいです。

いまでは海外口座以外考えられません。色んなツールも導入できますので、絶対に有利です。皆様も是非海外口座体験してみてはいかがでしょうか?読んでくれてどうもありがとうございました。