負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FX関連の投資書籍や勝ち組投資家のブログを読み漁って思う事

h2>低所得自営業者が大金を稼ぐにはFXなどの投資しかない

仕事は半分自営業、半分FXトレーダーの43歳の中年男性です。FX歴はかなり長く、株取引も合わせると10年を優に超えています。

FXを始めたきっかけは、ありきたりですが普通の仕事には魅力を感じず、またあまりにも所得が低かった事もあり、人生が一度しかないなら真剣にお金を稼ぐことを追求するのも有りだと思えたからです。

でも、今更子供時代に戻り、勉強を重ねて有名大学に通える訳もなく、現実的には今の仕事を保険として働きながら、大金を稼げるとしたら、FXなどの投資を頑張るしかなかったのです。

投資資金は都度入金、損益はトントン

FXの投資資金は、一度に100万円ぐらい入れたこともありますが、基本的にはその都度入金で、その時によって金額はいろいろですが、最低では5万円ぐらいの、1万枚取引がやっと出来る額ですることが多いです。

私としては、あまり入金額には拘らないですが、勝てる人は大金を入れてもいいでしょうが、負けてしまう人やコントロールできない人は、いくら預貯金が莫大にあっても、少しだけ入金するのが良いのではないかと思っています。

損益は、現在や昔、また手法が長期や短期メインで違ってきますが、ここ数年はやっと少し勝てるようになりました。それでも年間では、10~20万円ぐらいの利益にするのが精いっぱいですし、投資をやり始めたばかりの頃は、最大で一年間で150万円ぐらいの損失を出した事もあります。

FX関連書籍やブログについて

ここからが本題ですが、FXをやり始めて勝てない時期は、夢中になり関連本や成功している投資家のブログなどを読み漁っていました。一つひとつは嘘や虚言めいた事でも、その中から良い部分を抜き出せば、自分の糧になると思ったからです。

でも、現実としては、いくら読んでもメンタル的なタメになる事はあっても、肝心の手法に関してはどれもダメなものばかりなのです。一時的な相場では通用しても、長期間ではまったく役立たずで、これでよく儲けられたと疑問に思うものばかりです。

FX関連の書籍やブログは、それ自体で儲ける事が前提のようだと思えてならないのです。でも、当時は負け続きで藁をも掴む気持ちで、それらに頼っていたのも事実です。

しかし、ある程度読みまくると、ダメなFX本の共通点は分かるようになりました。手法があまりにも稚拙で、絶対に勝てるような根拠のないものを提示するのは、間違いなくダメです。反対に、あまりにも儲けて成金アピールをしているブログも、同じくダメです。

自分で手法を磨き作り上げていくしかない

最終的には、ブログや投資本はあくまでもヒント程度にとどめて、自分でで手法を磨き作り上げるしかないと思うようになりました。これが出来ないと、一生FXでは勝てないです。例えるなら、上司からの命令待ちなサラリーマンと同じです。

かく言う私も、まだまだ勉強中で模索中ですが、FXを止める事は夢もなくすことなので、これからもずっと続けていこうと思っています。