負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

FXはギャンブルじゃない!ちゃんと負けないやり方がある

負けを小さく抑えて勝つという理屈

私はFXを始めてからこれまでに、FXで勝つためにセミナーとか手法商材とか、ツールとか、コミュニティーとか塾とか、本当にいろいろなものを試してきました。読んでなるほどなと思えるものもありましたし、見た瞬間ゴミとわかる詐欺商材もありましたし、カリスマ的な魅力に溢れる、憧れずにいられないトレーダーさんとの出会いもありました。

でも、どの手法もどのツールも、当然のことながら100%はありません。必ず負けることもあり、その負けをいかに小さく抑えるか、ということをそれぞれ、ああだこうだと理屈を立てて説明し、負けは小さく抑えられるから勝てるんだ、と言っているわけです。

でも、毎日想定外のことが当たり前に起きているリアルの為替相場において、理屈通り常に負けを小さく抑えるということが、誰にでも簡単にできるのでしょうか。

順張りブレイクアウト手法の矛盾

FXの手法はいろいろではありますが、順張りのブレイクアウト手法が王道と言えるんじゃないでしょうか、スキャルピングであっても、デイトレであっても、スイングであっても、教科書的には順張りが勧められています。

でも、素人考えでは、安いところを買って、高いところを売れば儲かるんじゃないの?と単純に思うわけですが、順張りは上がったところを買い、下がったところを売るのですから、いわゆる、天井掴み、底値たたきという最悪な状態に陥る人が少なくありません。

買ったところが天井だったと気づくのは、暴落した後だし、売ったところが底だったと気づくのも急騰した後です。上昇中でも調整的な下げはちょこちょこ入るし、下落中でも同じです。それでどうして、負けを小さく抑えた損切りができるのでしょうか。

小さな動きでは、それがトレンド転換なのか、トレンド継続中の調整なのか区別がつきません。それで、騙しかどうかを見極めるためには・・・などといった理屈がこねくり回されているんだけど、それだって当たったり外れたりしているんです。

損切りして良かったもあれば、損切りしなきゃよかったもある

ここで損切りした方がいいのか、損切りしない方がいいのかの答えは、その後相場がどう動くかで決まるのであって、どの手法の教えでも、当たりの時と外れの時があり、確率は2分の1なんです。ここがこうだから損切りだとマニュアルにあって、その通りしても、損切りしたとたんに反転して、切らなきゃ良かったということはしょっちゅう起こるんです。

損切りが遅れたために取り返しのつかない大損をすることもあるけど、損切りが遅れたために逆に大儲けできてしまうこともある、損切りしてよかったという経験と、それと同じぐらい損切りしなきゃよかったという経験を積んでしまったら、損切りはどんどん難しくなってしまうんです。

大勝ちできるトレーダーには特別な才能が必要

以前、あるコミュニティーで本当に真剣に毎日トレードを学んだことがありました。10人ほどいたメンバーは、みんな優秀な方たちばかりだったし、全員、本気でFXに取り組んでいました。先生は本当に毎日すごい利益をあげている、本物の億トレーダーでしたし、そういう人が親身に丁寧に、そして厳しく指導してくれると言う、これ以上ないぐらい恵まれた環境でした。

そこのコミュニティは、順張りのブレイクアウト手法で、条件が揃ったところでエントリーし、エントリー根拠が崩れたら即損切り、というやり方で、トレードのやり方はもちろん、トレード環境や、チャート設定、参考にすべきレポートやニュースなどに至るまで、丁寧なマニュアルがあって、数あるコミュニティの中でも、かなりしっかりした部類に入ると思います。

そしてそのコミュニティ活動が始まって、メンバーは先生の教えを一生懸命学びながら、デモトレードをして、勝ったり負けたり半々だったんですが、そこでひとりだけ、いきなり先生と同じように勝てるようになった人がいました。本当に始まってすぐ、1カ月も経たないで、です。

私たちは、みんなも頑張れば、その人のようになれるとテンションが上がって、さらに一生懸命トレードを学び続けたんですが、3カ月経っても、半年経っても、ほかのメンバーは勝ったり負けたりで、安定して勝ち続けられるようにはならないんです。

1カ月も経たないでいきなり勝てるようになったその人は、デモトレードを卒業し、リアルトレードをしていましたが、リアルでも同じで、ビギナーズラックということもなく、安定的に勝ち続けることができていて、たまたま偶然勝てただけということではありませんでした。

私は1年ほどコミュニティにいて、本当に真剣に、指導されたやり方を守ってやり続けましたが、先生のようにも、勝てるようになったメンバーのようにもなれず、相変わらず勝ったり負けたりの繰り返しで、損益もトントン、このまま続けても多分同じなんだろうと結論を出し、そこのコミュニティーをやめました。

つまり、損切り必須の順張りトレードで安定的に勝ち続けるのは、人にはない才能が必要で、努力すればだれもが勝てるようになるわけではないと、私はそのコミュニティで学んだということです。そして、私にはその才能はないということも。

特別な才能がないなら、負けないトレードを目指すべき

そういう才能を持った人が、どのくらいいるのかはわかりません。10人に1人の割合でいるのかというと、そうとも言い切れない気がします。ちなみに、そういう才能がある人ならば、どこかのカリスマトレーダーの手法をちょっと学んだら、すぐ勝てるようになると思うので、私のサイトに来て、こんな記事を読むこともないでしょうし・・・。

でも、もしまだFXはしたことがなくて、それなのにたまたま、私のサイトに迷い込んできてしまった人は、小ロットナンピンFXを試す前に、ネットで評判の高いカリスマトレーダーの一回試してみた方がいいと思います。そういう才能がある人は、本当に毎日何十万円でも、何百万円でも稼げるので、こんなやり方をすることはないですから。

小ロットナンピンFXは、何をやっても勝てない、FXに特別な才能がない人でも絶対に負けないで地味に利益を積み上げていくやり方ですから、ネット上で派手に宣伝しているような、1年で1億円とか、年利200%とか、そういう稼ぎ方はできません。

年利10%~50%、十分魅力的な利回りを目指せる

低リスクでありながら、年利10%とか、20%30%とか、上手な人なら50%くらいでも十分狙える、国内のどんな金融商品よりも有利な、投資方法だと私は思っています。

私は理性的なタイプではないので、トレードは本当に下手くそです。トレード記録を見ると、自分でもどこどこまでも落ち込んでしまうぐらい失敗ばかりしています。特に決済の失敗は何度繰り返してもやってしまいます。というか、ここで決済した方がいいか、決済しない方がいいかは、結果を見てどうだったかということで、超能力者じゃないんだから、外して当たり前なんです。

でも、失敗ばかりして落ち込みまっている、本当に下手くそな私が、ちゃんと勝てているやり方ですから、本当に誰でも勝てるやり方なんです。

ただ、もちろん、向き不向きはあります。少額を突っ込んで大金を当てるギャンブルがしたいからFXがやりたいなら、まったく向かないですし、1日で決着がつかないと嫌な短気な人にも向きません。それなりに大きい含み損を抱えて辛抱することができない人も、やらない方がいいかもしれません。

でも、私は10年で、3000万円以上の利益を上げていますし、途中で他の手法を試して大損してしまった分がなくて、ずっと小ロットナンピン手法を通していれば、もっともっと利益は大きくできたと思います。短期で考えるんじゃなくて、10年くらい先を考えてFXをじっくりやってみたいと思うなら、試してみる価値はあると思います。