負けないFX-小ロットナンピンFX

FXはギャンブルなんかじゃない!FXの必勝法を 全トレード記録を公開して解説しています

ギャンブル的なFX

少ないお金を一気に増やすためのFX

FXはギャンブルだと言ってしまうと、投資としてちゃんとやっている方に怒られてしまうかもしれませんが、FXを投資にできるのは資金がある人で、資金がない人がFXをやれば、やはりどうしてもギャンブルになってしまうんだと思います。

FX取引は、指標発表や要人発言などによって市場が大きく上下しますし、いつどんな指標が発表になるかとか、いつ誰が講演を行うとか、もともとスケジュールされているので、トレーダーならたいてい、今日はどんなイベントがあるかといったことを意識してトレードをしています。

そうしたイベントに乗じてひと稼ぎしてやろうと考えるのはやはり、ギャンブラー的発想なので、それをやり方を続けていたら、勝ったり負けたりするだけで、資産をどんどん増やしていくことにはなりません。

でも、低リスクで安定的に高利回りの投資をしたいというのは、やはりそれなりに資金があって初めて望めるもので、種銭がない人は、低リスクなら低利回り、高利回りを望むなら高リスクのギャンブル的なものに賭けるしかないのです。

ギャンブルだから悪い、危ないと遠ざける前に、少ない資金を大きく増やすチャンスがあるものと考えるならば、例えば、本来なら無駄使いしてなくなってしまうお金を貯めて、それをFXに賭けるのだとすれば、無くなってもともと、増えればラッキーです。

他のギャンブルと比べて勝率が抜群に高い

日本人がみんな大好きな宝くじは、300円で買って300円当たる確率が10分の1、3000円当たる確率が100分の1、5万円当たる確率が1万分の1です。他の、パチンコとか、競馬競輪といったギャンブルが、どのくらいの勝率なのか私は良く知りませんが、それらを考えるならば、FXで注目指標のタイミングなどに、2分の1の確率で大儲けを狙うのは全然ありなんじゃないでしょうか。

お金がない人がお金持ちになりたいなら、やはりどこかで、勝つか負けるかの勝負をしなければならないし、どうせギャンブルをしなければならないなら、勝率の高いものに賭けた方がいいですよね。

世の中にある様々な一攫千金を狙ったいろいろなギャンブルの中でも、FXは、やりようによっては信じられないぐらい高確率で大金を稼ぐチャンスがあるので、やってみる価値は十分あると私は思っています。

ただ、もしギャンブルに勝って、100万円とか、まともなトレードができる資金ができたら、一発勝負のようなやり方はやめて、ちゃんと利益を積み重ねていけるやり方に変えるべきだと思いますが。